ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実は面白い低視聴率ドラマ 是枝裕和『ゴーイング マイホーム』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『半沢直樹』のような高視聴率ドラマがある一方で、1桁台の低視聴率ドラマも少なくない昨今。どうしても「低視聴率=面白くない」というイメージが強いが、世間的に知られていないだけで、実は面白い低視聴率ドラマもあるのだ。

 たとえば2012年にフジテレビ系で放送された『ゴーイング マイホーム』。平均視聴率は7.9%とかなり寂しいものだった。

 脚本・演出を手がけたのは、『そして父になる』でカンヌ国際映画祭審査員賞に輝いた映画監督の是枝裕和氏だ。

「是枝さんが初めて民放連続ドラマにトライするというので、期待して見ました。実際にとても良質なドラマでした。当たり前の日常にこそドラマがある、という是枝さんの思想が見事に反映されていました」(上智大学文学部教授の碓井広義さん)

 ドラマを盛り上げるような殺人事件は起こらないし、大恋愛もない、泣かせるような重い病気もないが、「画面から目が離せなかった」(碓井さん)と言う。

 碓井さんが印象的だった場面は、山口智子(50才)演じるフードスタイリスト・沙江のCM撮影のシーンだ。

 沙江の盛りつけた料理をスタッフが「おいしそう」と感心する。すると、沙江は「おいしそうとおいしいは、別なんだよ」と笑顔で答える。

「このセリフは深いですよね。例えば、視聴者も現実生活の中で見かけた人を『いい人そう』と思う。でも、それは『いい人』とは限らない。つまり、あのセリフは是枝さんの『この世界は見えないところにこそ真実がある』というメッセージだと思うんです。さりげないひと言にも深い意味が込められている。それが是枝作品なんです」(碓井さん)

 だが、視聴率は1話目の13%をピークに急降下してしまった。

「起伏のない日常の積み重ねというホームドラマは異色でした。普段と違うものに対する違和感、拒否感があったのかもしれません」(碓井さん)

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
『あまちゃん』後番組の杏 重圧で倒れることをスタッフ心配

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。