ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

とある精神病棟で医師が失踪。心理劇の果てに待ち受けるラストとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

当ウェブマガジンでも何度か紹介してきた、映画『トム・アット・ザ・ファーム』、『Mommy/マミー』などの監督で知られるグザヴィエ・ドラン。俳優としても人気が高い彼が出演を熱望したという映画『エレファント・ソング』が公開!

とある精神病棟にて、精神科医・ローレンスが失踪。手がかりを知るのは、彼の患者である青年・マイケルただ一人。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、肝心な手がかりはつかめない。さらには、「母を殺した」「ローレンス医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからない話をほのめかし、グリーンは巧みな罠に取り込まれていく――。

精神病棟内で繰り広げられるスリリングな心理劇。人々を翻弄しつつも痛々しいまでに愛を渇望する青年・マイケルをグザヴィエ・ドランが熱演する。公開は、6月8日から!

エレファント・ソング
監督:シャルル・ビナメ
出演:グザヴィエ・ドラン、ブルース・グリーンウッド、キャサリン・キーナー、キャリー=アン・モス、ガイ・ネイドン、コルム・フィオールドン ほか
(2014年/カナダ)
6月6日(土)より新宿武蔵野館、渋谷アップリンクほか、全国順次公開
©Sébastien Raymond
http://www.uplink.co.jp/elephantsong/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP