ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄出身シンガー 上間綾乃、名曲「さとうきび畑」沖縄語版の歌唱を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

沖縄出身シンガー 上間綾乃、名曲「さとうきび畑」沖縄語版の歌唱を担当

戦後70年の節目となる今年、楽曲「さとうきび畑」を大事に守り続けてきた原曲著作権者から今回初めて、楽曲「さとうきび畑」で描かれた原風景である沖縄の方言「ウチナーグチ」での翻訳版を作り、発表することが承諾され、ウチナーグチで歌う「さとうきび畑」が誕生することが発表された。

「ざわわ」というフレーズが印象的な「さとうきび畑」は、作曲家の故寺島尚彦氏が、ベトナム戦争が激化し、世界中で反戦が叫ばれていた1967年、まだアメリカ施政下にあった沖縄の地に初めて降り立ち、沖縄戦の悲劇を題材に作詞作曲した。以来、数多くの歌手に歌い継がれ、時代を越えて多くの人々に愛されている。

世界の恒久平和を願い、戦争で失った森と自然を取り戻そうとするプロジェクト〝Green United 2〟に原曲の著作権者が賛同の意を示したため、このような初めての試みが実現したという。

この初のウチナーグチ版を歌うのは、沖縄をルーツに、現在は東京を拠点に活動する上間綾乃が指名され、サウンドプロデューサー大森俊之氏と共に制作を行った。

この楽曲は、沖縄戦の組織的戦闘が終結したとされる、6月23日慰霊の日に、LLC 緑の惑星プロジェクトからCD発売され、CD売り上げの15%が沖縄の環境事業のために使われる。また、音楽配信も予定されている。

上間綾乃からのメッセージ
戦後70年という節目に、名曲「さとうきび畑」をうちなーぐちで歌うことになり、沖縄で生まれた歌い手として使命を感じています。
このうたを通して、少しでも平和な世界に近づけるように、祈りを込めて届けます。

リリース情報
シングル「さとうきび畑(ウチナーグチ)」
2015年6月23日発売
1,000円(税込)
作詞作曲:寺島尚彦
沖縄語訳:玉城弘
編曲:大森俊之

音楽配信:2015年6月下旬予定 250円(税込)

関連リンク

上間綾乃 オフィシャルサイトhttp://columbia.jp/uemaayano/
LLC 緑の惑星プロジェクトhttp://greenunitedproject.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。