ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【スタバ】世界初“スピード&シンプルさ”重視の新業態をNYにオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ニューヨークのウォール街に、世界初となる“エクスプレス・サービス”をコンセプトにしたスターバックスがオープンした。

ウォール街といえば、ニューヨーク証券取引所をはじめ、世界屈指の金融エリアとしておなじみの場所。

そんな場所にオープンした同店は、忙しく人が行き交うこのエリアならではの“新スタイル”が話題となっている。

ここ数年のスターバックスは、店内にくつろげるソファを置いたり、手の込んだオリジナルメニューの開発など、“スローライフ”を提供するアプローチが印象的だった。

しかし同店が重視するのは “スピード感”と“シンプルなメニュー”。

まさに“スローライフ”とは対極のコンセプトを起用し、“来店客に素早く商品を提供する”という新たなニーズに着目しているところが面白い。

こちらの新店舗では、来店客は壁に掲げられたメニューを見て、専用タブレットを持つスタッフに商品をオーダーする。

そしてそのまま奥のカウンターに進んだら会計を済ませ、商品を受け取るという仕組みになっている。

この流れであれば、注文を受け付けるまでの時間が大幅にカットされるほか、商品受け取りの待ち時間も短縮できるという。

店舗面積は50平方メートルと小規模だが、“購入して”“退店する”だけのシンプルな動きに対応するには、これで十分なのかもしれない。

年内には、さらに4つのエクスプレス店舗をニューヨークにオープンさせる予定で、それに併せて、オンラインでオーダー後に店頭で商品を受け取るサービスや、デリバリーサービスも試験的に導入していくそう。

多忙なビジネスマンの期待に応えるこの“新スタイル”は、東京やロンドンといった大都市からも、すぐに熱いラブコールが届きそうな予感!?

Starbucks
https://news.starbucks.com/news/NY-express-format-store

スターバックス(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP