ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】企業へ気軽にリクエスト!商品サービスへの要望を投稿できる「ReQ!」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

商品やサービスに対する、ちょっとした不満や要望は、誰でも抱えているものだ。

しかし、それを実際に企業側に伝えるとなると、話は別。

わざわざ言うのは面倒だし、どこに申し立てればいいのかわからないといった理由から、意見を伝えずに終わってしまうことが、ほとんどだと思われる。

そこで登場したのが、この「ReQ!(リク)」である。モノ・サービスに関するアイデアや要望を、思いついたときに、スマホやパソコンから気軽に投稿できる、ありそうでなかったウェブサービスだ。

その詳細について、Conjenik、代表取締役、下山 素成(しもやま もとしげ)氏が、語ってくれた。

・企業と消費者をつなぐインタラクティブなサービス

Q1:「ReQ!」提供のきっかけと経緯について、お聞かせください。

「この製品、ここがこうならもっといいかも」「あのサービス、ここがイマイチだったけれど、こうすればいいのに」と感じることは、結構あると思うのですが、直接企業に言うほどでもないとか、適切な窓口が思いつかないとか、いろいろな理由で、そういったことは埋もれてしまっています。

それらは、企業にとっても大切なヒントになるはずなのに、利用者側がアイデアや要望を感じていても、企業はそれに気づいていないという、もったいない状況があるように感じました。(中略)

それなら、こういったアイデアや要望を集めるサービスを提供し、そこに利用者が気軽に書き込めるようにすれば、埋もれてしまいがちな利用者の生の声を集めて、企業にも伝わるようにできる、と考えたのが発端です。

Q2:「ReQ!」とは、どんなサービスなのでしょうか。

私たちが、日々製品やサービスを利用する中で感じている、「もっとこうなればいいな」「もっとこうしてほしい」といったアイデアや、要望を投稿するサービスです。

アイデアや要望は、意外と通常のSNSや口コミサイトには、場違い感があって書込みにくいものですが、このサービスは、もともとそういったものを投稿するための場なので、場違いな感じもなく、また、そういったことを楽しむ人たちが集まっているので、気兼ねなく発信することができます。

お互いの投稿に対して、「そう思う!」ボタンで共感を示したり、コメントを書いてやりとりもできますし、また、もらった「そう思う!」やコメントの数もカウントされるなど、SNSとしての相互コミュニケーションも楽しめます。

・ユーザーの承認欲求を満たす機能を実装予定

Q3:サービス立ち上げにあたって、何か参考にされたモデルはありますか。

いくつかのSNS系の投稿サービスは、やはり参考にさせていただきました。

ユーザーが、そういったサービスを利用し続ける楽しみは、やはり自分の書いた投稿に、他のユーザーから共感やコメントが示される、いわゆる承認欲求が根っこにあると思います。

こういったユーザーに楽しみを感じてもらえる仕掛けは、随時追加で実装していくつもりです。

また、「ReQ!」は要望を企業に届けたいという、ユーザー間の交流とは、別のベクトルがあるので、みんなの意見を集める、もしくは署名集め的な、例えば「change.org」のようなサービスは、とても参考になります。

Q4:今後の展開について、教えてください。

まずは、多くのアイデア・要望が投稿されて、「アイデアや要望を感じたら「ReQ!」に書こう」という行動パターンが、広まるようにしていきたいと思います。

そうなれば、自然と企業側からも「ReQ!」、もしくは利用者の生の声を、より強く意識してもらえるようになるはずです。

今月スタートしたばかりの本サービス。より良い商品・サービス形成に、つながることを期待したい。

ReQ!(リク)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP