体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「うぐいすボール」に夏らしいフレーバー「瀬戸内のレモン」が新発売!甘酸っぱいクセになる美味しさ

JR新大阪駅在来線改札内の商業施設「エキマルシェ新大阪」にある「うぐいすボール」は、2015年6月15日より、うぐいすボールの夏季限定フレーバーとして「うぐいすボール 瀬戸内のレモン」を新発売した。

「うぐいすボール 瀬戸内のレモン」(55g・561円)は、うぐいすボールに瀬戸内のレモンを使用。甘酸っぱさの中に感じるクセになる苦みが特徴のお菓子だ。今回レモンとあわせることで、昔なつかしい味わいになった。

「鶯ボール」とは、関西を中心に80年以上のロングセラーを誇るお菓子。
「エキマルシェ新大阪」にある「うぐいすボール」は、この店限定の原材料にこだわった「手揚げのうぐいすボール」に瀬戸内のレモン味以外に、きなこ味、抹茶味、南高梅味、玉ねぎ味、わさび味をトッピング。

瀬戸内は温暖で雨が少なく、レモンの栽培として適した場所。爽やかなレモンの風味とうぐいすボールの、意外なマッチングを楽しめる。

数量限定のため、予定数が終わり次第、販売期間が終了となる。

うぐいすボールを知っている人には、なつかしくも新しい味が喜ばれそう。うぐいすボールを知らない人も、80年以上のロングセラーを誇る「鶯ボール」の新味をぜひ、この機会にお試しあれ!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会