ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

sympathy、アルバム「トランス状態」ダイジェスト映像&内山ユニコ描き下ろしジャケ公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

sympathyが、7月15日発売のミニアルバム「トランス状態」のダイジェスト映像とジャケット・デザインを同時に公開した。

sympathyは、たった1回の東京でのライヴが所属事務所の目に留まり、ビクターエンタテインメントの新レーベルCONNECTONEに至ってはライヴを観ずに音源だけを聴いて契約してしまったというシンデレラ・ストーリーが話題を集めた高知県産バンド。

アルバム「トランス状態」は4人の女の子の感性が爆発している全6曲を収録。昨年の春に高知の高校を卒業し、メンバー全員が別々の学校に進学して「絶賛遠距離中」のため、楽曲の制作はLINEやSkypeを駆使しながら進められたという。

そしてアルバムのジャケットは、サイケデリックな作風やオリジナル・キャラクター「顔ちゃん」で知られる人気イラストレーター内山ユニコによる描き下ろし。大のロック・フリークである内山は、送られてきた音源を聴いてバンドの可能性を確信、描き下ろしを快諾している。

sympathy「トランス状態」ダイジェスト映像

リリース情報

ミニアルバム「トランス状態」
2015年7月15日発売
NCS-10097 1,800円+税
収録曲
1.女子高生やめたい
2.さよなら王子様 (アルバム・リード曲)
3.紅茶
4.有楽町線
5.泣いちゃった
6.あの娘のプラネタリウム

関連リンク

sympathyオフィシャルサイト:http://sympathy.strikingly.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP