ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画材店がレストランに華麗に転身! 多彩な無国籍料理を味わえる店!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月13日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、毎週土曜午後0時)、「石塚英彦の通りの達人」のコーナーでは、「下町・谷中で 絶品穴場グルメ」と題し、タレントの石塚英彦さんが「筆や」(東京都台東区)を訪れた。

 JR日暮里駅から徒歩7分の同店は、もともと筆職人だった店主が、趣味の料理が高じて19年前から始めた洋食店だ。ビーフシチューなど煮込み料理が味わえる。石塚さんは創業当時からの人気メニュー、鉄鍋仕立てのポークソテー「ハーブ豚のソテー」(1550円 税込み)を注文した。特製のニンニク醤油ソースで濃厚に味付けした自慢の一品だ。

 湯気を立てる豚肉を見た石塚さんは「ポークポーク、笑っちゃいます」と満面の笑みでコメント。続いて食して「まいう~! 豚の脂の力もあるのか、非常にまろやかに仕上がってますね。うんめえ」と称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:筆や(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:日暮里のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:日暮里×洋食・西洋料理のお店一覧
渡辺徹も大満足! 50年前から受け継がれる大ぶりの「宇佐の唐揚げ」
森脇健児のお気に入りの一品! 野菜たっぷりでヘルシーな中華「ナスの山椒揚げたて」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。