ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海外の高額宝くじ 基本的には日本で購入すると刑法に触れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャンボ宝くじの発売日に徹夜組を含め長蛇の列を作る日本と同様、海外でも宝くじ人気は高い。宝くじ評論家・長利正弘さんはこう解説する。

「海外はロト形式の宝くじが主流で、アメリカの『パワーボール』やイタリアの『スーパーエナロット』などが有名です。また、『ユーロミリオンズ』(毎週火曜と金曜が抽せん日)という、フランス宝くじ公社が運営し、国内はもとよりイギリスやスペインなどヨーロッパの9つの国で販売されている宝くじもあります。

 1から50までのうち5つと、1から11までのうち2つの、合計7つの数字を選ぶ形式で、これまでの最高当せん金額は2012年に出た1億9000万ユーロ(約184億円)と超破格です」

 キャリーオーバーと当せん本数によって当せん金額は大きく変わるが、ユーロミリオンズの1等当せん確率は約1億1653万分の1。販売枚数にもよるが、約1000万分の1という日本のジャンボ宝くじに比べて確率が極端に低い分だけ、当せん金額が大きいのも頷ける。しかし、「私も海外の宝くじを買いたい」と思ったかたは注意が必要。

「基本的に日本で海外の宝くじを購入することは、刑法第187条で禁止されています」(前出・長利さん)

 う~ん、残念!

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
当せん確率も金額も大幅アップした60周年記念宝くじが発売
宝くじ 1万円以上の当選だと売り場では引き換えNGの場合も
宝くじ史上最も1等に当たりやすいレインボーくじが全国発売

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP