ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイきんぐの小峠じゃない方・西村 暇でヒロシとキャンプ行く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ツービート、紳助・竜介など古くから“格差コンビ”は存在していた。バイきんぐもその一つ。“よく出ているほう”の小峠英二(39才)は「コンビでいるのがいちばんいいけど、昔に比べてピンでやるのも抵抗がなくなってきている」と話す。ヤバイぞ、西村…。そんな西村瑞樹(38才)の胸中は!? バイきんぐのふたりを直撃した。

小峠:今、コンビよりもおれのピンの仕事のほうが若干多いけど、2人とも消えたっていうよりは片方だけでも出たほうがいいと思う。

西村:おれ的には、小峠にもっと売れてもらって、それにのっかりたいけどね。

小峠:人任せだな(笑い)。てか、最近キャンプによく行ってるらしいじゃん。

西村:ヒマだからだよ(笑い)。

小峠:誰と行ってるんだよ。

西村:先輩のヒロシさん(43才)とかとよく行くね。

小峠:ヒロシさんか…。たき火を囲みながら2人で前向きな話をしてるのが想像できない!

西村:たしかに、ネガティブな話が多い。ヒロシさんが一生結婚できないかもとか話をして、おれがなぐさめるとか。

小峠:前向きな話をしろよ。

西村:まぁまぁ。前向きといえば、この間、小型船舶1級の免許とったんだよ、仕事に生かせるかなって思って。

小峠:お笑い界で船舶にそんな需要ないぜ!

西村:それと、トランペットを習おうかなって思って。広島カープ芸人として、応援団と一緒にプロ野球の応援歌を吹いてみたくて。これは仕事になりそうじゃない?

小峠:まぁな。ジャズをやりたいとか言い出すのかと思ってひやひやしたわ。

西村:いいね。サックスも習って…。

小峠:ジャズはやんなくていいよ!

※女性セブン2015年6月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女教師に居残りさせられた男「俺と2人きりになりたかった」
大島美幸 韓国ドラマのぽっちゃりヒロインの濃厚キスがツボ
皮肉好き外務官僚 前原氏に「お子様ランチ」のあだ名つける

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。