ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「天然ボケ」という言葉を作ったのは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天然
今では、誰もが知っていて、他人から絶対に言われたくない「天然ボケ」という言葉。「天然ボケ」という言葉は、元々、テレビから生まれたものだが、みなさんは誰が作った言葉か、ご存知だろうか?
2010年1月16日のスポーツニッポンによると、この「天然ボケ」という言葉は、“欽ちゃん”こと萩本欽一が、ジミー大西に向かって言った言葉とのこと。

――東京進出したばかりのダウンタウンとも共演。その時の印象は?
萩本欽一「『欽ドン!はっけよーい笑った』って番組。大阪で尖った笑いをやってる松本君と浜ちゃんというのがいると聞いて、ディレクターに声をかけてもらった。メチャクチャやりそうなのに・・・いい子すぎて番組が終わった(笑)。浜ちゃんは、オレがツッコミだから突っ込めなくなって・・・珍しく気遣いのできる良い子ですよね。」
――同番組にはジミー大西さんも出演。“天然ボケ”と名付けたのは萩本氏が最初?
萩本欽一「この間、さんまちゃんに言われたんだけど『大将が天然ボケって言った』って。全く記憶がない(笑)。確かに一流のボケと思ったら、どう振ってもボーッとしてる。地のボケというか天然だった(笑)。」

参考:2010.01.16「スポーツニッポン」

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】マモー・ミモー復活!ウッチャンについて調べてみた!
“今”ネタを見てみたいお笑い芸人は?
73歳で駒大合格!「萩本欽一」伝説!

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。