ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐野元春、2年ぶり新アルバムを7/22リリース アナログやハイレゾなど5形態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 佐野元春が、自身が主催するレーベル<デイジーミュージック>から2015年7月22日、最新アルバム『BLOOD MOON(ブラッド・ムーン)』をリリースする。

 佐野元春は今年デビュー35周年。新作『BLOOD MOON』は、『COYOTE』(2007年)、『ZOOEY』(2013年)に次ぐザ・コヨーテバンド名義による3作目のスタジオ盤となる。同バンドは2005年に結成、佐野元春を筆頭に、深沼元昭(G/Mellowhead)、小松シゲル(Dr/Nona Reeves)、高桑圭(B/Curly Giraffe]、藤田顕(G/PLECTRUM)、渡辺シュンスケ(KEYS/Schroeder-Headz)の6人によるバンド編成となる。

 新作『BLOOD MOON』は、佐野自身の音楽的キャリアを総括するように、70年代から80年代の、ファンク、ディスコ、アフロ、フォーク、R&B、サイケデリックなど、ジャンルをまたいだサウンドで、全編を通じてエッジの効いたダンサブルなロック・サウンドとなっているとのこと。

 また、フロントカバーのアートワークは英国の伝説的デザイン・チーム“ヒプノシス”の流れを汲む“Storm Studios”が担当。レコーディング・エンジニアは、長年、佐野のサウンドを手がける渡辺省二郎。マスタリングは近年BABYMETALなどを手掛けたことでも話題のNYのエンジニア、テッド・ジェンセンが担当。販売の形態は、デラックス盤の初回限定ボックス盤、アナログ盤、USBハイレゾ盤、通常盤、そしてダウンローディングの5タイプが発売される。

 なお、現在、佐野元春&コヨーテバンドは『BLOOD MOON』のWebトレイラーもYoutube上で公開中。また、収録曲「優しい闇」もYouTube上で公開されている。

◎リリース情報
2015/07/22 RELEASE
初回限定ボックス盤(デラックス盤)
4,500円(tax out.)
通常盤
3,000円(tax out.)
アナログ盤
3,800円(tax out.)
USBハイレゾ盤
9,200円(tax out.)
ダウンローディング
250円(1曲)

関連記事リンク(外部サイト)

佐野元春、ビルボードライブでの3か月連続公演を今年も開催
新型音楽フェス【THE BIGPARADE】、代官山にて初開催
佐野元春 2年ぶりビルボードライブで3か月連続公演を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP