ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』2016年3月日本公開!出演陣が豪華すぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダー監督という二大天才クリエイターがタッグを組んで描く、全世界で最も有名な2大スーパーヒーロー、バットマンとスーパーマンによる夢の競演。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(原題:BATMAN v SUPERMAN DAWN OF JUSTICE)が、2016年3月に日本に降臨することが決定した。

昼間は大企業のトップを務め、夜は高級車でパーティに繰り出し美女たちと派手に騒ぐ変わり者ブルース・ウェイン。しかし、夜が深まる頃、彼は別の顔<バットマン>を解き放つ。バットマンは、超人でも特殊能力を持つ者でもない。天才的な頭脳と、極限まで鍛えあげた肉体と格闘スキルで、ゴッサム・シティに横行する犯罪に立ち向かう生身のヒーローだ。

そして、本作でバットマンと対峙するのは、すべてのヒーローの原点にして、地球最強の男・スーパーマン。前作『マン・オブ・スティール』では、”スーパーマン”の誕生と、選ばれし者として立ち上がる姿を、度肝を抜く超高速アクションを交えて描き、世界興行収入約800億円(約6億6800万ドル)を突破する空前の大ヒットを遂げた。

前作に引き続きクラーク・ケント/スーパーマンを演じるのはヘンリー・カビル。対するブルース・ウェイン/バットマンはベン・アフレック、さらに、ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンをガル・ガドットが演じる他、エイミー・アダムス、ローレンス・フィッシュバーン、ダイアン・レインが『マン・オブ・スティール』に続き出演。また、悪役レックス・ルーサーをジェシー・アイゼンバーグ、ブルース・ウェインに仕える執事アルフレッドをジェレミー・アイアンズ、また、本作で新たに設定された役にホリー・ハンターと、そうそうたるメンツがこの世紀の超大作のために顔をそろえた。

バットマンとスーパーマンの対決は映画史に刻まれ、彼らの壮絶な戦いは、やがて世紀のプロジェクト”ジャスティス・リーグ”へとつながっていく――。

https://youtu.be/IwfUnkBfdZ4

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は2016年3月日本公開

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

関連記事リンク(外部サイト)

『マン・オブ・スティール』ザック・スナイダー監督「次はバットマンともっと破壊する!」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP