ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆるカワ?ブサかわ?絶賛ブレイク中「招福猫子まんじゅう」がネット販売スタート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

岐阜県高山市の和菓子屋さん「稲豊園」で販売されている「招福猫子(ねこ)まんじゅう」。商品名そのまま、猫の顔の形をしたおまんじゅうです。

荒削り感のあるルックスから、なんだか目が離せません。2015年4月に店舗での販売を開始したところ、この微妙な見た目が人気となり、一気にブレイク。6月からはネット販売も開始されました。

和菓子屋さんの近所の路地裏にいる猫をイメージしたという猫まんじゅうは5種類。それぞれに異なる生地と中の餡の組み合わせも楽しめます。「とら」(左下)は小豆粒あん・黒糖生地に竹炭のライン。「ロシアンブルー」(右中)は小豆こしあんに黒胡麻生地。「黒」(右上)は黒糖あんと竹炭生地。「白」(左上)はチーズあんにきめ細やかなプレーン生地。「三毛」(右下)には部分的に竹炭生地と黄な粉生地を使い、プレーン生地と抹茶あんが入っています。

猫子まんじゅう 5個箱入 1,150円 猫子まんじゅう10個箱入 2,200円

素朴な魅力があふれるものの「可愛くって食べられない!」ということはなさそうな「招福猫子まんじゅう」。ご注文時に「ブログ見た」と伝えると、6月30日までの発送に「猫まんじゅう」1個がサービスされるそうです。この機会にお一ついかがでしょうか。

稲豊園
ブログ:飛騨高山 国分寺通りの和菓子屋・稲豊園

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

これは食べてみたい!思わず手に取りたくなる和菓子5選
ミニストップの発想スゴッw ちくわの穴にカレー詰めちゃいました「ちくわ天シリーズ 3弾」
ついに仏像専門店まで!仏像好きにはたまらないインテリア仏像ブランド「イSム」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP