体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【映画惹句は、言葉のサラダ】第1回 大ヒット作の宣伝惹句は、陳腐なものが多い?

●『タイタニック』の惹句が思い出せない…

 ある日の夜。例によってダラダラと晩飯を友人と食べながら、これまたダラダラと映画のことを喋っていた。すると、どちらからともなくこんな話題に突入した。
「あのさ、『タイタニック』の惹句って、どんなのだったっけ?」
 唐突にそんなことを聞かれても、すぐに思い出せないのは、加齢のせいではないだろう。ちなみに「惹句」とは、言わば映画を宣伝するために使われるコピーである。新聞広告やチラシ、ポスターに大きく書かれている、映画を売り込むための仰々しい宣伝文句。本来ならば「コピー」と表現するところだが、「惹句」=「惹きつける句」という言葉のニュアンスが好きで、仲間うちでは「惹句」で通っている。映画宣伝の経験者によると「惹句とコピーは、違う!!」と豪語する人もいるほどだ。

 『タイタニック』は1997年12月20日に公開されたアメリカ映画で、2015年6月3日現在でも、我が国で公開された外国映画の興行収入歴代トップの座に君臨している。興行収入実に262億1000万円。セリーヌ・ディオンの歌う主題歌も大ヒットし、主演のレオナルド・ディカプリオの女性ファンが巷に溢れたことを、まるで昨日のことのように覚えているのも、これも加齢のせいだろか。
 さてその『タイタニック』の惹句を調べてみた。拙宅には1980年正月以降に公開された作品のチラシがファイリングしてあるので、1997年のファイルを探したら、あったあった。『タイタニック』のチラシ。その惹句はというと…。

 「運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。」

 …へえ。ラブ・ストーリーとして売ったんだなあ。まあこの映画の場合、日米同時公開だったから「全米大ヒット!! 興行新記録樹立!!」という常套句が使えなかっただろうし。だからといって「ジェームズ・キャメロン監督最新作!!」ってな惹句を使うのも、当時のキャメロン監督は「ターミネーター2」の大ヒットで、アクション映画のイメージが強いから、得策とは言えない。

●惹句が映画のヒットを牽引した時代は終わった?

 チラシの裏を見ると、こんな惹句が。

 「世界を沸かせる、世紀の映画。」

 …うわあ、ださっ(笑)。
 「沸かせる」って、お風呂じゃあるまいし(笑)。
 うーん…なんでもこんなに陳腐なんだろうか? でも、実際にこの映画は大ヒットしたわけだしね。
 時々思うのは、例えば「我につくも敵に回るも、心して決めい!!」(『柳生一族の陰』)とか「決してひとりでは見ないでください」(『サスペリア』)とか、惹句が流行語になることで、映画のヒットを牽引したことがあった。主として70年代のことだけど、最近で言えば『アベンジャーズ』の「日本よ これが映画だ」というあの惹句は久々に大きな話題になったから、今でも「惹句への興味で、映画を見たくなる」ことはあるわけだ。

 『タイタニック』が公開された1997年12月という時期は、まだシネコンは外資系が数社しか展開してなかったし(前年の1996年の映画館入場者数=映画人口は、戦後最低だった)、インターネットや携帯電話もあることはあったけど、今ほど普及していなかった。うちなんてこの頃、ダイヤルアップでネットに接続していたし、スマホなんて言葉さえなかった。

 そんな「限られた情報を、取りに行かないといけなかった時代」に、この「世界を沸かせる、世紀の映画。」という惹句が『タイタニック』の大ヒットを後押ししたわけなんだが、よくよく考えると、陳腐ではあるけれど、誰もが理解出来る言葉を使っているこの惹句は、極めて一般的だと言える。『タイタニック』という映画を宣伝する上で必要なことは、まず第一に作品のスケールの大きさを訴えること。次にあのジェームズ・キャメロン監督がラブ・ストーリーを撮ったという事実。ただしこれは、映画を見た上で分かること。それが分かった時、凄いお得感を感じる。良い意味で事前の期待を裏切られる。この映画が大ヒットした理由って、そこにつきるんじゃないだろうか。そのお得感を映画鑑賞前に漂わせるような広告やチラシを作るのって、あまり効果的とは思えない。でも配給会社の人としては、そこをお客さんがちゃんと受け止めてくれるかどうかが不安だから、そこで「運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。」というラブ・ストーリー的アプローチをしたんじゃないかと思うのだ。この場合も、一般性のある言葉で、ある意味陳腐に、誰もがイメージしやすいように。

●情報過多時代の惹句に求められるのは「差別化」。

 その『タイタニック』に続いて、我が国で公開された外国映画の歴代ヒット作のナンバー2にランクインしているのは、昨年大ヒットしたディズニー・アニメ『アナと雪の女王』。でもこの映画の場合も、とても印象に残る惹句があったわけではない。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。