ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

この夏は沖縄へ!県内屈指のリゾートエリア恩納村に、新たな食のスポット「琉球焼肉店」「ステーキ店」が同時オープン!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカ文化との密接な関わりにより、日本でもっとも古い肉食の歴史を持つ沖縄。訪れた際には思いきり肉を食べたい!という人も多いだろう。

地元産ブランド肉として有名な石垣牛やアグー豚はもちろん、US ビーフやオージービーフといった輸入肉も盛んなので、好みやお財布事情に応じてよりどりみどりなのもウレシイところ。

そんな肉の聖地沖縄に、新たな食のスポット「琉球焼肉 NAKAMA」「STEAK HOUSE NAKAMA」が6 月27 日(土)オープンする。場所は県内屈指のリゾートエリア恩納村。前者は沖縄海岸国定公園内に、後者は国道58号線を挟んで、その向かい合わせという立地だ。すぐそばには伊武部ビーチが広がる。

「琉球焼肉 NAKAMA」(http://www.yakiniku-nakama.com/)のこだわりは、県産肉・島野菜・オリジナルのたれ。沖縄ブランド牛豚をはじめ、県産牛・県産豚を中心にリーズナブルなものから高級肉まで幅広く用意。採れたての「やんばる野菜」なども揃え、沖縄をまるごと食い尽くす「琉球焼肉」というスタイルで提供する。たれは、醤油をベースに黒糖や泡盛をブレンドしたものや島の真塩(シママース)を使用した塩だれ、シークァーサーの絞り汁などすべてオリジナル。

築40年の物件を、随所に古き良き琉球文化を感じる古民家風にリノベーションした空間も味わい深く、旅先でのひとときをリラックスして過ごすのにぴったりだ。

「STEAK HOUSE NAKAMA」(http://www.steak-nakama.com/)は、こだわりの厚切り牛肉のステーキからアグー豚まで、とにかく“肉を楽しむ” アメリカンスタイルのステーキハウス。国産牛はもちろん、US ビーフやオージービーフなど、日毎の仕入れ状況に応じた良質なお肉がリーズナブルな価格で提供されるという。150g から好きなサイズを選ぶことができるが、おススメはボリューム満点の1ポンドステーキ!

店内では” ステーキガールズ(仮)” の陽気なサービスも受けられるというから、友人同士でワイワイ愉しんでみたい。

この夏恩納村に登場する、魅力あふれる食のニュースポット。アナタはどちらに興味あり?とりあえず、沖縄行きのチケットを押さえておきたいものだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP