ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出雲市以外でも加入できるau回線のMVNO「ICVモバイル」開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

出雲ケーブルビジョンは6月16日から、au 4G LTEに対応したMVNOサービス「ICVモバイル」の提供を始めます。KDDIバリューイネイブラーが提供中の「UQ mobile」のサービス基盤を活用し、最大150Mbpsの高速通信を月額1,058円から利用が可能。データ通信は4G LTEのネットワークのみを利用し、通話は3Gです。
出雲ケーブルビジョンは島根県出雲市を拠点に展開するケーブルテレビ・インターネット事業者で、自社サービスの利用者はもちろん、サービス未加入者や島根県外からも広くICVモバイルへの加入を受け付けるとのこと。早速料金プランや特徴、どんな利点があるのかをチェックしてみましょう。

まずは料金プラン。サービス基盤を利用しているUQ mobileと同じ4つのプランが用意されています。

  月額料金 月間通信量 最大速度
データ高速通信 1,058円 3GB 受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
データ高速
+音声通話 1,814円 3GB 受信最大150Mbps
送信最大25Mbps
データ無制限 2,138円 無制限 最大500Kbps
データ無制限
+音声通話 2,894円 無制限 最大500Kbps

受信最大150Mbpsの高速データ通信が3GBまで利用可能な「データ高速プラン」と「データ高速+音声通話プラン」、受信速度最大500Kbpsの通信が無制限に利用できる「データ無制限プラン」と「データ無制限+音声通話プラン」の4つです。音声付きのプランは最低利用期間が12カ月に設定されていて、途中での契約解除料は10,260円。

次に端末についてですが、SIMカードとセットで購入できるスマホは「わくわくフォン」ブランドで販売。「京セラ KC-01」と「LG G3 Beat」の2機種のわくわくフォンから選ぶことになり、こちらもUQ mobileと同じラインアップです。SIMカード単体はmicroSIMとnanoSIMから選択可能。

オプションサービスはSMSとテザリングが申し込み不要で無料で使えます。留守番電話などの電話基本パックは月額410円、端末補償サービスは月額410円、メールサービスは月額216円、通話明細サービスは月額108円でそれぞれ契約でき、ひと通りのオプションが揃っています。

気になる速度制限は直近3日間の通信量が合計1GBを超過した場合には通信制限を実施する場合があるとのこと。高速データ通信量の残りが500MBを切るとメールでお知らせしてくれるのがありがたいです。

ドコモ系でIIJmioのサービス基盤を利用したDMM mobileが料金の低価格化やポイントの付与でIIJmioとの差別化を図っているのに対し、ICVモバイルはUQ mobileとほとんど差がありません。展開しているケーブルテレビやインターネット事業とのセット契約で、料金の割引や映像コンテンツの視聴など、ICVモバイルならではの特典があれば、UQ mobileでなくICVモバイルを選ぶ利点があるのですが、今のところはそれが見えないのが少し残念。今後の展開に期待したいと思います。

※記事内の料金はすべて税込み

 

(文・アスカ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP