ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

既婚者必見! 結婚生活、相手のココが許せないランキング

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夫婦喧嘩は犬も食わない。そんなことわざがあるほど、夫婦間の些細なイザコザはよくあるもの。「トイレの便座を下ろさない」「外出時の身支度に時間がかかる」など、さまざまな理由のなかで、多くの夫婦がもっとも許せないと考えている行為はどんなものだろう?
「家事ハラだ!」と逆ギレする夫に妻ウンザリ

そこで、結婚相手に対して「ムカツク!」「許せない!」と感じる生活習慣について、20~49歳の、子を持たない結婚5年以内の既婚者・男女300名を対象に、アンケート調査を実施。結果、男女ともに、1位は「特にない」、2位は「掃除・片付け」、3位は「金遣いが荒い」がランクインした(詳細は以下)。

■夫が許せない妻のマイナスポイント(上位3つ選択)
1位 特にない(70.9%)
2位 掃除・片付けが下手、できない、やらない(4.9%)
3位 金遣いが荒い(2.7%)
3位 家で寝てばかりいる(2.7%)
5位 食事の仕方が雑、早い、汚い(2.0%)
5位 服や靴下を脱ぎ捨てたまま(2.0%)
7位 洗濯が下手、できない、やらない(1.8%)
8位 料理が下手、できない、やらない(1.6%)
8位 ゴミを分別しない・ゴミ出しをしない(1.6%)
8位 タバコを吸う(1.6%)

■妻が許せない夫のマイナスポイント(上位3つ選択)
1位 特にない(46.9%)
2位 掃除・片付けが下手、できない、やらない(6.2%)
3位 金遣いが荒い(4.4%)
3位 趣味のグッズが場所をとる(4.4%)
5位 料理が下手、できない、やらない(3.8%)
5位 タバコを吸う(3.8%)
7位 服や靴下を脱ぎ捨てたまま(3.6%)
8位 家でゲームばかりしている(3.3%)
9位 食事の仕方が雑、早い、汚い(3.1%)
9位 家で寝てばかりいる(3.1%)

1位の「特にない」に回答をした夫は70.9%に対し、妻は46.9%と半数を下回る結果に。夫よりも不満を抱えている妻はどうやら多そうだ。2位の「掃除・片付け」に関するフリーコメントには、「掃除に関して注意すると『家事ハラ』と言って逆切れする」(34歳・女性)という、妻の悲痛な叫びも記されていた。

夫からも同様に、「とにかく(掃除が)雑」(35歳・男性)と、いったコメントも。掃除や片付けは、人によって仕上がりのクオリティも異なるため、目につきやすいポイントだ。同じ家で暮らしているならば、ルールを決め分担すれば解消できると思うのだが、どちらのルールに合わせるのか、穏やかに話し合う場を設けることができる関係性ならば、そもそも相手への不満は少ないのかも…。

3位の「金遣いが荒い」は、相手の計画性のなさや貯金ができないことへの不満が目立っている。「必要ないのに色々な雑貨をどんどん買ってくる」(36歳・男性)や「渡したら渡したぶんだけすべて使ってしまう」(27歳・女性)など、浪費はネガティブイメージの原因になっているようだ。

女性のアンケートでは、3位に「趣味のグッズが場所をとる」が入っている。バンドマンだった夫が、青春時代から大切に保管しているギターやベース。はたまたゲームやスポーツグッズ、プラモデルなど、趣味を楽しむ夫に対して、妻の不満は大きい。家は2人の共有スペース。自分が全く興味のない物によって空間を侵食されていくのは、ひとたまりもないのだ。

数ある人との出会いのなかから、夫婦となった二人。多少のことなら目もつむれるが、度重なればやはりそうはいかない。親しき仲にも礼儀あり。まずは、相手の立場にたって行動することが、夫婦円満の秘けつだろう!●[SUUMO結婚生活調査]より 
・調査期間:2015年2月25日~2015年2月26日
・調査方法:インターネット調査(クロス・マーケティング)
・対象:首都圏在住の20~49歳、2010年以降に結婚した共働き夫婦(子どもなし・持ち家なし)
・有効回答数:300名(男女150名ずつ)
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/06/15/91864/

【住まいに関する関連記事】
夫と妻で意見が違う!? 結婚生活、ココが不一致ランキング
夫婦円満のためには、ルールをつくらないことが秘けつ?
妻は夫の2倍ガマンしてる! 実家への“帰省ストレス”
既婚者男性の半数が週に1~2回は「一人になりたい」!?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP