ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

城咲仁 今のホスト界を「酒飲んで艶ある会話する空間減った」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 伝説のカリスマホストと呼ばれ、タレント転身後はバラエティーでブレイク、現在は”料理キャラ”としても活躍している城咲仁(37才)。そんな城咲に、「芝居の父」と慕うある人物とのエピソード、俳優業への意気込み、そして今のホスト界について話を聞いた。

――ホスト業界ではトップに君臨していた城咲さんですが、芸能界に入って、挫折したり、つらかったことはありますか?

城咲:つらいですよ。楽しいんですけど、特殊な仕事じゃないですか。俳優業に力を入れているので、ドラマを見ていて、悔しい思いを常にしています。あそこに立ちたかったなって。最近で言うと、佐藤健さんの『天皇の料理番』(TBS系)。料理が好きなので見ていると、ぼくは包丁を使えるのにお声がかからないということは、料理はできるんだけど、役者としてそこのポジションに行けていないんだなとか。

――そんなときに思い出すような、先輩のアドバイスはありますか?

城咲:坂上忍さんが演出していた芝居で、坂上さんに「自分がなにもできないことを、1回受け入れなさい」と言われたんです。ぼくは投資詐欺にあった役で、「お金を返してください」と土下座をするんですけど、土下座が格好つけすぎだと言われて。「土下座したことがあるのか! 格好つけんじゃねえ! 土下座ってなんだ、人にへりくだって謝ることだろ!」って。そのあと別室に呼ばれて、できないことを受け入れろと。

「お前は現実、役者としての仕事がないんだから、しがみつけ」と言われた時に、楽になったんです。スタート地点に立てたんですよね。荷物を下ろせと言われた気がしました。重かったんですよ。バラエティーでデビューして、役者になりきれていない自分が、役者をやることの重荷。得体のしれないものを、なんか、下ろした気がしたんです。

――坂上さんに言われた後で、演技は変わりました?

城咲:変わりました。どこかに城咲仁臭というか、ダサい役をやっていても、ダサくない歩き方をしていたんです。6年間歌舞伎町で、見栄や虚勢を張って生きていた人間が、それを抜くという作業って難しかったんですね。

――土下座の演技はどうなりました?

城咲:力が抜けました。手を付いた時に、肩を張っていたみたいなんです。イメージでいうと、『白い巨塔』の財前五郎。財前五郎が頭を下げてるんだけど、心の中では頭を下げてない、のに近いのかなって。それが、肩をすくめて小さく怯えて手をついた時に、変わったんでしょうね。

――坂上さんが、城咲さんの演技を変えた。

城咲:この間お会いしましたけど、緊張が止まりませんね、見透かされているようで。でも楽ですよ。「またお前、演技下手になったんだろう」って言われて、「下手になってるんで呼んでください」って言えるようになったんです。笑ってくれて、「そっか、またやろうな」って。素直になれるという感じで、坂上さんには見透かされてる気がして。人として尊敬していますね。ぼくの中では、芝居の父です。

――ところで、10年離れて、今のホスト業界をどう思いますか?

城咲:なんとも。時代が変わっちゃったし、今の歌舞伎町をぼくは知らないから。ただ、いいクラブって少なくなりました。生バンドがあって、みんなネクタイをして、一気コールをせず、艶のある会話をしながら、ぞくぞくしながら酒を楽しむ。

 ぼくの時にはそういう空間があったんです。男が惚れる男がいっぱいいたんですよ。この人悪い人だなぁ、悪いけど格好いいなって。これだけ全部の女性に愛だ恋だ言える、この人の魅力ってなんだろうって。かと思えば、好きだと言わないのに、こんなに人気がある人もいたし。

――今、そんな人はいない?

城咲:営業方法が変わったんじゃないですかね。シャンパンタワーとか、一気コールが流行ったし。ぼくはその前で。意外だと言われるんですけど、シャンパンタワーをやったことがないんです。ぼくのいた頃はお客さんもホストも、格好つけあっていたんです。女の子も一番いいものを着て、背伸びをして。子供が大人になるときって楽しいじゃないですか。あの感覚を楽しめた場所でしたね。

――不景気だと言われている昨今ですが、ホスト業界にエールはありますか?

城咲:学歴もなにも関係ない、みんなが対等。やったらやった分だけ数字が出る露骨な世界なんて、面白いじゃないですか。キャリアとか関係ないからね。10年やったからといってトップになれるわけじゃないから。1か月でNo.1になっちゃう奴はなっちゃうし、20年やったって、No.1を取れない奴のほうが多いし。数字を出せばそれでOK。No.1の時は、店もそいつのルールになっちゃう。

 初めはめげますよ、こんなに頑張ってこれしかお給料いただけないの? って。そこを見るんじゃなくて、駆け出しだってNo.1に噛みつけるんだぞと。キャリアがないと同じリングにすら上がらせてもらえないじゃないですか、どの業界も。ホストの世界にはそれがない。そこを楽しんだほうがいいなって思いますね。

――最後に、今後の夢、目標を教えてください。

城咲:今は役者として認知されたいですね。そのためには、来たものを拒まない、どんな役でも。脱げと言われたら脱ぐし、泣けと言われたら泣くし、鼻水垂らしながら暴れて、へんな人を演じろと言われたらやるし。男を抱けと言われたら抱くしね。

【城咲仁 しろさき・じん】
1977年9月23日生まれ。東京都出身。新宿・歌舞伎町の老舗ホストクラブ『クラブ愛』において5年間No.1ホストを務め、カリスマホストとしてブレイクした。2005年、ホストを引退してタレントに転身。俳優、ラジオパーソナリティなどで活躍。薬膳インストラクターや雑穀マイスター、ジュニアスーパーフードの資格があり、料理本も好評。『真剣組~GACHI-GUMI~』のボーカルでもあり、マルチに活動中。

■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ホストなりきりバカ夫 「飲ーんで」とやり親戚がドン引き
子宮筋腫の女性憤慨 セカンドオピニオン求めたら医師が暴言
元ホスト城咲仁 いつの間にか料理キャラに変更した事情語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP