ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロ野球番記者から球団職員への転身 球団との親密さが勝負

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球の担当記者の中には読者やファンのためではなく、球団のためにトレードやFAの情報収集に当たるものもいる。「球界は俺が動かしている」とフィクサー気取りになっているのだ。

 当然、“書かない記者”が球界関係者から利用されるケースも少なくない。

「球界OBが子飼いの記者に自らの監督就任説をアドバルーン記事として書かせてファンの様子を探ることはよくある。記者はそれを“俺は食い込んでいる”と勘違いする」(球団関係者)

 記者が球団の走狗になり果てるのには理由がある。球団と仲良くしていれば、自らの利益になることもあるからだ。あるスポーツ紙の元編集委員はこう嘆く。

「番記者が球団職員に転職するケースがある。ロッテや日本ハムなどが代表的で、多くは広報担当となる。記者の仕事には区切りをつけたいが、野球にはかかわりたいという者がほとんど。その場合、いかに球団と親密になるかが勝負になる」

 そのため最近の記者の中には、競技の勉強や独自取材には目もくれず、球団関係者と遊ぶのが“仕事”という者もいる。そんな関係からはファンが期待する報道など生まれるはずもない。

※週刊ポスト2015年6月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
阪神の外様監督・野村克也氏 記者がオーナーとの伝書鳩役に
梨田監督退任 美人球団広報との親しい関係が問題との説出る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。