ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏ボーナス ソニーは意外な大幅増、シャープと東芝は大幅減

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「夏のボーナス90万円超え、大手、7年ぶり」(日本経済新聞・5月30日付)
「夏ボーナス好調 『リーマン』後最高に」(読売新聞・5月30日付)

 5月29日に経団連が公表した2015年夏のボーナス第1回集計を受けて、バラ色の見出しが各紙を賑わせた。集計によると、組合員平均の妥結額は前年比2.43%増の91万3106円(その時点で妥結していた63社の組合員平均)。3年連続の増加で2008年のリーマンショック以降最高の水準だという。

 本誌は各企業への独自取材で有名95社の今夏のボーナスを徹底調査した。経団連の集計で好調とされた業界は昨年比4.8%増の「電機」、3.68%増の「非鉄・金属」、5.54%増の「紙・パルプ」、そして5.97%増の「造船」だ。

 円安効果を享受した電機メーカーの代表格が日立製作所だ。2015年3月期連結決算(以下、3月期決算)で3期連続の過去最高益を記録し、ボーナスは約2万3000円アップの87万3158円となった。

 意外だったのが、ソニーの大幅アップだ。営業利益は前期比158.7%という大幅増だが、3月期決算ではスマートフォン事業の苦戦で最終損益が1259億円の赤字となり、2014年度の配当は初の無配に転落した。株主としてはすんなり納得できないかもしれない。

「会社の業績が復調し、これまでの水準に戻したという感覚です。平井一夫社長、吉田憲一郎副社長など執行役員8人は業績不振の責任を取ってボーナスを返上しており、株主からも目立った批判はありません」(ソニー広報・CSR部)

 一方で大きく減額となったのはシャープと東芝だ。3月期決算の営業利益が前年より大幅に減った不調のシャープは基本給が減額になった上に、今回のボーナス額も半減となった。

「現下の経営状況と従業員のモチベーションへの影響を踏まえ、慎重に検討した結果、1か月の賞与支給としました」(シャープ広報部)

 インフラ関連3事業で2014年3月期までの3年間で営業利益が500億円水増しされる不適切会計が発覚した東芝は、3月期決算が確定していない。そのためいまだに賞与の業績連動分が決まらず、夏のボーナスは前代未聞の「仮払い」となる。額も昨夏より大きく減る見込みだという。

「まさに青天の霹靂です。さらなる不適切会計が発覚するのではないかと されているので心配しています」(40代東芝社員)

 自動車や建設関連への供給で好調の鉄鋼3社はいずれも3万~6万円のアップだった。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
オリンパス社員 ボーナスは今年夏と同程度の額が出ると語る
東京電力 昨冬のボーナス84.4万円から大幅減の37.4万円に
冬のボーナス 絶好調の日産は81万円から91.2万円に大幅UP

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP