ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の花が集まるオランダ!そんなオランダで最も大きなモデルガーデンで催される生誕125周年のゴッホをテーマにした庭園を見てみよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州ほどの大きさながら、世界における観賞花の市場占有率が50%に及ぶお花大国のオランダ。ビジネスとしての花卉産業(かきさんぎょう)が盛んであるのみならず、オランダの人々の日常にも、植物やお花が常に寄り添っています。

たとえば、オランダの友人のお宅にお邪魔すると、大ぶりの花瓶に大胆に活けた切り花や、お洒落な鉢植えがいくつも目に飛び込んできます。

また一戸建てが多い住宅地では、大抵は家の前と後ろに驚くほど手入れが行き届いたお庭があり、とても印象的です。

それもそのはず、日照時間の長い夏には、夕食後から夜の8時過ぎ頃まで、お庭の手入れに精を出す人たちの姿を良く見かけます。

こうして庭園・園芸が幅広く浸透しているオランダには、オランダ国内外でとても評判の高いモデルガーデンがあります。

その中でも今回ご紹介したいのは、オランダ中部に位置する小さな村アぺルテルン(Appeltern)にある「アぺルテルンのガーデン(de Tuinen van Appetern)」です。

広さはおおよそ22ヘクタールで、何と東京ドーム4個分以上の広さを持ち、その敷地内には200種類以上のモデルガーデンがあります。

それぞれのモデルは、家庭のガーデンと同じほどの大きさの区画になっており、草木やお花がセンス良く植えられています。

また植物の組み合わせや色に合った、センスの良いお洒落なガーデニングセット(テーブルや椅子など)も配置されています。

また、オランダ人のセンスならではのガーデンアクセサリーなども見られます。

こうしたモデルを見ることで、来場者は自宅の庭をどのようにデザインしたらよいのか、素晴らしい展示からアイディアやインスピレーションを得られるように配慮されています。

またこちらでは、実際に専門家から、設計上のアドバイスをもらうこともできるのが、日本などではないサービスの1つかもしれません。

またこのモデルガーデンでは、基本的にはオランダで生産・流通している植物を使用しています。そしてそれぞれの生産・流通業者、値段、手入れ方法などが公開されており、さながら花・植物の図書館のような役割も担っています。

自宅に十分なお庭がなくとも、お花や植物が大好きな方にとっては、たまらなく楽しい場所です。

さてこのアぺルテルンのガーデンでは、年に何度か特別出展やイベントが行われます。

その中でも今年2015年の大きな目玉出展の1つが、「ビンセント・ゴッホの庭園」です。

今年はゴッホ生誕125週年を迎え、ゴッホが生まれ育ったオランダや、画家として活動したベルギーやフランスなど、ゴッホゆかりの地やゴッホに関わる美術館などで、様々な特別イベントが行われています。

このモデルガーデンでは、選ばれた10名の庭園デザイナー(またはデザイナーグループ)により、ゴッホをテーマにした庭園が造りあげられ、6月より公開となりました。

例えば、「Vincent binnenste buiten」という名のついた庭園は、ゴッホの作品「アルルのゴッホの寝室」を庭のデザインに組み込んだものとなっています。

一方「Bal Populaire」という名の庭園は、ゴッホの晩年の作品「Hotel de Ville(村役場)」をベースにしながら、ゴッホの人生の晩年を模したデザインとなっています。

なおこの「ゴッホの10の庭園」は、これから植えられた植物やお花が成長していき、夏の間に、設計時のイメージに近い形になっていきます。

そして最終的には9月に、ベスト庭園などが選ばれ、表彰されるとのことです。

ご存知の通り、自然の植物・花は生き物です。

このモデル庭園では、その生き物の成長に合わせつつも形が保たれているのは、ガーデンデザイナーさんや働く方々の熱意と想い入れあってのこと。

庭園好きな方も、園芸好きな方も、ゴッホファンの方も、是非この素晴らしい「生きた」モデルガーデンに一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

きっと、時間を経るごとに変わっていくガーデンそのものが、芸術の一瞬だと感じる事ができるに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。