ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

倫理的な問題も・・・「サルの頭部移植手術」が実施へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国、ハルビン医科大学の外科医Xiaoping Ren氏は、2013年に世界で初めて実験用マウスの頭部移植に成功した人物だ。これまでに約1,000頭ものマウスで移植手術をしており、今度は同じ方法をサルに応用する予定だという。

こちらは2013年7月にRen氏が手掛けた10時間に及ぶ頭部移植の様子だ。
結果、マウスはすぐに呼吸を開始、1時間後には体も動き、更に数時間後には目を開いたという。頭と体の色が違う様子には驚く。

※動画では、実際の手術の様子が含まれています。ご注意ください

Reference:The Wall Street Journal

Ren氏の移植手術は、世界的にも大きな話題となった。しかし、注目すべき点は、マウスが術後1日ほどで死亡していることだ。「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事によれば、Ren氏自身も今回のサルの頭部移植手術も「少しの間でも、自分の力で息をしてくれれば」との見解のもと、計画を進めているという

当然、倫理的問題はある

この手術を倫理的に批判する声は当然大きい。Ren氏は、Dr. Frankenstein(ドクター・フランケンシュタイン)と揶揄されることもしばしばだ。
ニューヨーク大学の医学倫理教授Arthur Caplan氏は「発想が根本から馬鹿げている」と、手術そのものもさることながら、発想自体を批判している。同じくアメリカの脳神経外科協会会長であるHunt Batjer氏も「Independent」に「私は今回のような手術を誰にもすすめない。死よりも酷い結果になるだろう」と語っている。

なお、じつは1970年に一度サルの頭部移植は行われている。ケースウェスタンリザーブ大学で行われたRobert White氏による実験では、頭部移植後のサルを8日間延命することに成功したそうだが、脊髄の接続が上手くいかず拒絶反応が現れ、呼吸も身動きも出来ないまま死に至ったそうだ。

それでも、頭部移植技術の推進を望む声があるのも事実。いずれにせよ、 Ren氏は2015年夏の手術に向けて、準備を進めているところだという。

Reference:The Wall Street Journal , DIGITAL JOURNAL , Independent

関連記事リンク(外部サイト)

1970年代、かつて実現できると考えられていた「スペース・コロニー」での宇宙生活
「あと◯◯分で出ます」世界初の排泄予知ウェアラブルデバイスが登場!
6時間以下なら、徹夜と同じ!?睡眠時間と作業効率の関係

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP