ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ミリタリーへの招待】自衛隊千葉地方協力本部「マリンフェスタ in FUNABASHI」に行ってきました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月23・24の両日、船橋市の京葉埠頭で、自衛隊千葉地方協力本部(千葉地本)主催のイベント「マリンフェスタ in FUNABASHI」が開催されました。その様子をご紹介します。

朝から年齢・性別を問わず多くの人が集まりました。開門前には行列ができ、9時の開門と同時に入場していきます。

【関連:精鋭無比の第1空挺団・降下訓練始めに見る落下傘の色々】

開門で一斉に入る来場者

今回のマリンフェスタにやってきた艦艇は、横須賀の第51掃海隊に所属する掃海艦つしま(MSO-302)。

掃海艦つしま

マストには「WELCOME」の信号旗が掲げられ、その上には隊司令旗。そう、艦長だけなく第51掃海隊の司令も艦艇広報に同行しているのです。

「WELCOME」の旗と隊司令旗

第51掃海隊の吉田1佐は「艦艇広報には、必ず隊司令である私も同行するようにしています。できれば、隊に所属する全ての艦艇(やえやま型掃海艦のやえやま、つしま、はちじょう)を持って来て、より多くの方に見ていただきたいんですけどね。船や任務のスケジュールもありまして、つしま1隻となりましたが、楽しんでいただければ幸いです」とにこやかに話してくれました。

入港歓迎式典では、船橋市長をはじめとする多くの歓迎の辞とともに、近隣の幼稚園に通う園児から、第51掃海隊司令の吉田1佐、つしま艦長の増澤3佐に花束が贈呈されました。

園児からの花束贈呈

また、一日艦長としてモーターサイクルジャーナリストのちぱるさんが任命されました。ちぱるさんと千葉地本は、昨年船橋オートレース場で行われたイベントに、共に参加したことがきっかけでご縁ができたとか。

一日艦長に任命されたちぱるさん

一日艦長に敬礼!

つしまの見学は大人気。乗艦待ちの行列が長く伸び、奥に停泊しているSHIRASE5002(元砕氷艦しらせ)に届きそうな勢い。

見学待ちの行列が伸びる

舷門では、乗組員が敬礼でお出迎え。

舷門では敬礼でお出迎え

さて、この掃海艦つしまは磁気感応機雷に反応しないよう、船体が木でできています。基準排水量1000トンのつしま(やえやま型2番艦)は、世界最大級の木造艦です。船体を見ると、板張りになった構造もよく判ります。

板張りが見える船体

建造工程を解説したパネルもありました。主にアメリカ・オレゴン州産のベイマツ(米松)を使用しているのですが、1隻作るのに住宅50軒(30坪換算)相当の木材が使われているのに驚く人も。

掃海艦の建造工程パネル

もちろん、甲板も木製。所々塗装が剥げた部分から、木目も確認できます。

甲板も……

もちろん木製

ちなみに、この木製甲板の補修を担当するのは第1分隊(砲雷科など)。実際に担当する隊員さんによると「前甲板にある20ミリ機関砲や後方にある掃海具、入出港に際しての甲板作業に、甲板補修の大工仕事……ここの1分隊は結構『何でも屋』ですよ」とのこと。

ブリッジも多くの人でごった返します。ブリッジ内の設備について質問する人や、艦長席・隊司令席に座ってみたり、外側のウイング部に設置された高倍率の双眼鏡で周りを眺める人……様々な楽しみ方をしています。

混雑するブリッジ

艦内にある神棚(艦内神社)には、艦名の由来となっている対馬の神社が祀られているのですが、よく見ると伊勢の神宮からのお札や、鵜戸神宮(宮崎県日南市)のお札などがあり、にぎやかです。理由をうかがってみると、伊勢沖や日向灘などで行われる機雷掃海訓練の際に、訓練の安全を願ってそれぞれの神社に参拝するので、そのときにいただいてくるのだとか。ちなみに、伊勢の神宮は護衛艦いせ(DDH-182)、鵜戸神宮は護衛艦ひゅうが(DDH-181)の守り神として艦内に祀られています。

訓練先の神社のお札も祀られた神棚

地上の装備品展示も見てみましょう。航空自衛隊は、習志野分屯基地の第1高射群第1高射隊のペトリオットPAC-2発射機とPAC-3模擬弾、そして演習の際に隊員が寝起きする待機車1号が展示されました。

ペトリオットPAC-2発射機とPAC-3模擬弾

PAC-2発射機は、昨年の第1高射群創設50周年記念の特別塗装(四神)を維持した状態。実は水性塗料を使用しているので、雨などで流れてしまうんです。そのたびに補修をして、1年の間残してきました。4月、幕張メッセで行われた「ニコニコ超会議」には、四神のうち朱雀と青龍が展示されましたが、今回は「別のを見てもらおうと思って(隊員さん談)」白虎と玄武です。待機車1号の内部では、そのニコニコ超会議の様子がパネルと動画で紹介されていました。

航空自衛隊第1高射群第1高射隊の待機車1号

待機車1号内部。はね上げられているのはベッド

陸上自衛隊からは、まず高射学校(下志津駐屯地)からの各種装備品。81式短距離地対空誘導弾(短SAM)、93式近距離地対空誘導弾(近SAM)が並んで展示されており、隣にある航空自衛隊のペトリオットとともに遠距離(ペトリオット)、短距離(短SAM)、近距離(近SAM)と、防空システムの流れが理解できるような形に。各装備品には乗ったり触れたりすることができ、実際に動かして解説する「動的展示」も行われました。

81式短距離地対空誘導弾

目視照準具も操作できる

93式近距離地対空誘導弾

同じく高射学校(下志津駐屯地)からやってきた82式指揮通信車は、子供たちだけでなく大人まで上に登ってすごいことに。

ジャングルジム状態の82式指揮通信車

習志野駐屯地の第1空挺団からは、軽装甲機動車、偵察用オートバイの車両の他、空挺傘(12傘)が展示され、実際に背負ってみることができました。新しい13式空挺傘が導入されましたが、しばらくは併用されるそうです。細部に違いはあるものの、実際の使い勝手はそれほど変わらず、併用しても違和感はないとのこと。

軽装甲機動車

偵察用オートバイ

第1空挺団は空挺傘(12傘)も展示

船橋警察署からは移動交番がやってきて、交通安全(特に自転車の取り締まりが強化される話)や特殊詐欺について注意喚起をしていました。

船橋警察署の移動交番

もちろん、千葉地本名物の広報車も展示されてましたよ。

ご存知千葉地本の広報車

マスコットの千葉3兄妹も登場。記念撮影に大人気でした。

千葉3兄妹

記念撮影に大人気

キャラがぶれないよう、しゃべらないことになっていますが、未来ちゃんの背中に本音らしきものが……。

未来ちゃんの背中に本音がチラリ

千葉3兄妹だけでなく、航空自衛隊第1高射群第1高射隊のマスコット「A子さん」も登場。千葉3兄妹と共演していました。

第1高射隊のA子さんと記念撮影

千葉地本ではイベントを記念した缶バッジを制作して配布。通常のものとTwitterのフォロワー限定のものがありました。

限定缶バッジ

千葉地本ブースにも様々な展示が。装備品や活動を紹介する写真パネルには、昨年秋の御嶽山噴火に伴う災害派遣の様子もありました。

御嶽山災害派遣の展示パネル

戦闘糧食の展示で係員の説明に耳を傾ける人も。パックになって様々なメニューがあることに驚いた様子でした。

戦闘糧食の展示に興味津々

やはり人気があったのは制服試着コーナー。子供だけでなく大人用もあるので、親子で記念撮影する姿も。

制服試着コーナー

親子で記念撮影

コンサート会場では、陸上自衛隊下志津駐屯地から、高射学校音楽隊と怒濤黒潮太鼓の皆さんによるコンサートが行われました。音楽演奏を専門に行う音楽科の隊員だと思われているようですが、どちらも一般の隊員による「クラブ活動」です。練習は課業(業務時間)外や休日などを使って行われているのですが、レベル高いですね。下志津駐屯地の広報官いわく「真似できないですね。頭が下がります」。

高射学校音楽隊のコンサート

下志津駐屯地の怒濤黒潮太鼓

今回も千葉3兄妹が高射学校音楽隊の「心のプラカード」「ようかい体操第一」に合わせてダンスを披露。「心のプラカード」では、衛が歌パートに入るところで一瞬固まってしまいましたが、事情を知る方によると「練習していたもの(AKB48の原曲)と、高射学校音楽隊の演奏が微妙にアレンジが違っていて、一瞬頭が真っ白になったみたい」とのことでした。せっかく練習したのにねぇ……。

▼心のプラカード
https://youtu.be/U3zRSUl4K60

▼ようかい体操第一
https://youtu.be/EUiba0o_5SI

この他にも、掃海艦つしまの乗組員による、ラッパと手旗信号の実演がありました。

つしま乗組員のラッパ実演

手旗信号の実演

24日は雨が心配されましたが、なんとか降らずにすみ、2日間合計で7000人を超える来場者を迎えたマリンフェスタ in FUNABASHI。来年も同じ時期での開催が計画されているそうなので、お出かけになってみてはいかがでしょうか。

(取材:咲村珠樹)

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP