体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナタは朝型、夜型?運動する時間によって効果が違った!【科学的根拠あり】

150614_morning-night

運動をすることが健康にいいということは当たり前。ただし、おなじ運動をするのにも、最適な時間があるということを知っている人は、少ないのでは?
Elite Daily」の女性ライターZainab Mudallal氏が、朝の運動と夜の運動の効果の違いを語っています。科学的根拠にも基づいた彼女の記事を参考に、運動する時間を決めてみては?

朝の運動と夜の運動
どっちがいいの?

150412_tokyo-runnning9

運動をするのに最適な時間帯は、一体いつなのでしょうか?早朝か、それとも仕事終わりか…。
実を言うと、そこに正解はありません。どちらの時間帯であっても、大切なのは自分の生活習慣に合わせて長く続けることがカギ。
ここからは、朝の運動と夜の運動ではカラダにどのような違いがあるのかまとめました。まずは、朝の運動から紹介します。

朝から元気!
気分よく1日を過ごせる

早起きをする人は、朝に運動すると仕事の後に運動をする必要がなくなり自由に時間を使うことができます。
また、朝に運動することで脳を活発にしてくれるエンドルフィンが分泌され、1日を快適に過ごすことができます。もしかしたら、朝のコーヒーに頼る必要がなくなるかもしれません。

朝の運動は
ダイエットにも効果的!

Start diet today

運動は新陳代謝を活発にさせる効果があるため、朝運動すると日中の間に多くの脂肪を燃焼することができます。ある調査では、朝早く運動をする人の方がより脂肪を燃焼させると証明しています。
さらに、女性にとっては嬉しい調査結果がブリガム・ヤング大学で発表されています。女性が、朝に45分間運動をすることで朝食を食べる量が減り、カラダに気遣った食品を選ぶようになることが判明したとか。

朝の運動は
睡眠時間がカギに

睡眠は、カラダを休息させ体力を回復させるための大事な時間です。次の日のために、前日に使った筋肉を補修し食べ物をエネルギーに変換してくれます。
Ask Men」というウェブサイトに掲載された記事によると、前日に適切な睡眠時間を確保できれば、翌朝に新鮮な気持ちで運動をすることができるとか。ただ注意も必要。目覚めてすぐの筋肉は、冷たく固まっています。専門家は、ケガをしないためにしっかりと準備体操をし、軽いジョギングからはじめることを薦めています。

朝の運動は
夜に血圧を下げてくれる!?

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。