ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギャングから若者を救ってきたラッパー、飲酒運転の車に追突され死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1990年のシングル「ブラック・イン・アメリカ」で知られるラッパーのMCスプリーム(MC Supreme)が、マリブでの自動車事故で亡くなった。

 ロサンゼルス郡検死官事務局によると、47歳のドウェイン・コールマンは6月13日、パシフィックコーストハイウェイの路肩に車を停めていたところ、ピックアップトラックに追突され亡くなったとのことだ。

 コールマンはその場で死亡が確認されており、同乗していた女性一人が病院へ搬送されているが怪我の詳細は明らかになっていない。

 コールマンは反暴力ソング「ブラック・イン・アメリカ」をコンピレーション・アルバム『We’re All in the Same Gang』へ提供。同作はWest Coast Rap All-Starsの名前でリリースされた。

 コールマンの姉妹、アイリーンがCity News Serviceに話したところによると、彼は若者にギャングから足を洗わせ一緒に働くことに献身していたという。

 なお、追突してきたピックアップトラックの運転手は、酒気帯び運転容疑で逮捕されている。

関連記事リンク(外部サイト)

ジャズを変えた巨匠、オーネット・コールマン(85)死去
映画『ジュラシック・パーク』のテーマ曲に再び注目集まる
Apple Musicは独占支配を目論んでいる……ベン・ギバードが語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP