ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるでシェフ!自動で食材を自動で見分け調理してくれる“スマートオーブン”とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまな家電がスマート化されつつある昨今だが、このほど発表されたのはコンピューターを搭載したスマートオーブン「June」。

カメラやWi-Fi機能も搭載していて、ユーザーは専用アプリで焼き加減などをチェックすることもできる。

・Wi-Fiで端末と連携

Juneを開発したのは、AppleやGoPro、Googleなどで働いていたエンジニアやデザイナーたち。

Juneはカウンタートップ型で、見た目は電子レンジのよう。しかし、内部にはHDカメラがあり、端末とはWi-Fiでつながり、食材の自動計量や、温度のモニタリングもできる。

・焼き加減も自動調整

このオーブンの目玉とも言えるのが、「Food ID」機能だ。

例えば、ステーキを焼くとしよう。オーブン板に並べて入れるだけで、Juneは「肉」と認識する。

さらに、「レア」「ミディアム・レア」「ミディアム」など、焼き加減を選ぶことができる。

あとはJuneが自動で重さを計り、肉の中の温度をモニターしながら理想の焼き加減にしてくれる。

・レシピも豊富

もし調理の様子を知りたかったら、庫内の映像をスマホなどの端末で見ることも可能。

できあがったら端末にアラートが送られるので、調理をJuneに任せている間に別のことができるのも便利だろう。

また、アプリ内には何千ものレシピが用意されていて、日々の献立作りに活躍しそうだ。

まさに、シェフとなってくれるこの賢いオーブン、現在1495ドルで予約を受け付けている。

発売は来春を予定しており、米国外からの注文対応も現在検討中のようだ。

おいしいものを食べたい、料理を手短に済ませたい、という人はぜひチェックしてみては?

June

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP