ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】ミスチル新作AL『REFLECTION』、ロングセールスの期待度は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月15日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums”では、6月4日リリースのMr.Children『REFLECTION』が圧巻の数字を叩き出しダントツTOPとなった。

 『REFLECTION』は、全23曲収録の『{Naked}』とそこから厳選した14曲を収録した『{Drip}』の2形態でリリースされ、SoundScan Japanのセールスデータによると、リリース初週のトータルセールス枚数は35万枚。その中で『{Naked}』は、9720円と高額にも関わらず14万枚を売上げ、軒並みソールドアウトになっている。また多くの場合、CDは水曜日にリリースされるが『REFLECTION』は木曜日に発売された。他の作品より集計日が1日少ないがそんなことはお構いなしに1位の座を掴んだ。

 それではここで過去3か月間でアルバム初週売上げが高かったタイトルを見てみよう。初週に20万枚以上をセールスした作品は、3月4日リリースのB’z『EPIC DAY』と3月31日リリースのサザンオールスターズ『葡萄』、そして今回のMr.Children『REFLECTION』の3作品が挙げられる。そして、どのアーティストもオリジナルアルバムのリリース後に全国ツアーを予定しており、B’zとサザンオールスターズは現在もツアー中だ。Mr.Childrenも7月18日から全国ドーム&スタジアムツアー【Mr.Children Stadium Tour 2015 未完】を開催する予定だ。

 『EPIC DAY』も『葡萄』もロングセールスを記録しており、特に『葡萄』は販売枚数が50万枚に迫るビックセールスになっている。Mr.Childrenは、ツアーに加え、NHK『SONGS』などTV露出、アルバム収録曲「Starting Over」が主題歌になっている映画『バケモノの子』の公開など、リリース後もニュースは絶えない。また『REFLECTION』は、各方面から絶賛の声が相次ぎ“最高傑作”との呼び声も高い。この先、まだまだセールスを伸ばしていき、2015年もっとも売れたアルバムになる可能性は高いだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

UNISON SQUARE GARDEN、結成10周年アルバムの詳細発表 再録/初音源化/新曲が満載の内容に
TOKYO FMで2015年前半のミュージックシーンを振り返るスペシャル番組をOA
Aqua Timez、Silent Siren、SCANDAL、May J.が日本武道館に集結 若い世代に献血の大切さを伝える

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP