体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<連載 第10回>スパガ個別インタビュー:才色兼備の知性派 勝田梨乃 夢とアイドルの狭間で揺れる心と5年のプライド

<連載 第10回>スパガ個別インタビュー:才色兼備の知性派 勝田梨乃 夢とアイドルの狭間で揺れる心と5年のプライド

 avex初のアイドル専門レーベル iDOL Streetの第1弾グループにしてトップランカーであるSUPER☆GiRLS。春から続いたこの連載ももう終盤戦、そんな第10回にご登場いただくのは天然系から脱皮した才色兼備 勝田梨乃だ。

その他のインタビューカット写真など計3枚

 15歳のころにスパガに加入してころは、ほわほわとした天然系のたたずまいで人気を集めてきたが、近年は関西での大学生活とアイドル活動の両立という忙しない日々の中で、広い視野と明晰な分析力を身につけた。ライブではMCでも存在感を示し、他のアイドルとのトークでは踏み込んだ“プロレス”ができるスキルを併せ持つ彼女は、かつて肩を並べていたももいろクローバーZやでんぱ組.incの背中を眺めている現状をどう捉えているのか。

 5周年という節目を背水の勝負所と明言しつつも、なかなか好転しない現状の問題点や打開策、そして5年の活動の中で見つけた大きな目標とアイドル活動の間で揺れる素直な心境まで。当連載のトリ前を担当していただくにふさわしい、読み応え十分なインタビューです。

<東京オリンピックに携われるスポーツキャスターになるのが夢>

--最近ブログに5年間を振り返る投稿をされていましたよね。

勝田梨乃:ライブDVDとかを見直すんですけど、2周年のころとかはメンバーがみんな楽しそうで瞳がキラキラしてて、わからないなりにがんばってたんだなって。5年目って芸能界でも分かれ目だって言われているので本当に今年が勝負で、その中で歯がゆい想いをすることもありますし、メンバーと一緒に喜び合える仕事もあったりと一進一退を繰り返してますね。

--勝田さんはアイドル活動と学生生活をしっかり両立していますよね。

勝田梨乃:今年で20歳になりまして、大学3年生になりました!スパガになった時にはまだ夢がなくて、スパガとして形にしようと精一杯だったんですけど、自分の夢が明確になってきた中で、それ以外の時間をどう使うかが非常に大事だと思うようになってきました。

--その夢とは?

勝田梨乃:2020年の東京オリンピックに携われるスポーツキャスターになるのが夢です!そのために英会話スクールに通ってますし、大学でも語学を専攻しています。視野を広げて多角的に物事を見られるような授業を選んだりして、あんまり頭でっかちにならないように色んな人の話を訊こうとセミナーに出席したりもしてます。
学校では特別扱いはありませんし、だからこそスパガを客観的に見られる。スパガでは各分野のプロフェッショナルな子たちから刺激をもらって、学校ではより広い視野を持っている人たちからの意見をもらえるので、本当に毎日が刺激的です。

--高校のころは北海道に居て、今は関西で一人暮らししているんですよね?

勝田梨乃:そうです。ですので、自分でやらなければいけない環境に慣れてるのかなって。一般の高校や大学で社会のルールも学んでいるので、大変ですけど1人で生きていく力は人一倍あると思います。

<今はまだこの場所で戦っていかなければいけない>

--勝田さんって結成当初は天然のイメージでしたよね。

勝田梨乃:本当に無知でしたけど、あれが真剣だったんですよ!(笑) 北海道にいたころは箱入り娘……って自分で言うのも何ですけど、「梨乃ちゃんはお勉強だけしていれば良い」っていう家庭に育ったので、それしか知らなくて。当時はすいませんでした(笑)。

--20歳という節目を迎えた今、たとえば仲が良かった菊地亜美さんはアイドルを卒業し、所属していたアイドリング!!!もこの秋で現メンバー全員が卒業します。

勝田梨乃:明確な夢や目標ができた中で、今のスパガの活動がどうリンクするのか。どちらかに専念した方がいいんじゃないかって悩むことも少なくないんですけど、いつも思うのが「スパガで何ができたの?」ってことです。スパガで紅白に出られていないとか、レコ大の金賞を獲れていないとか、そういう状況に未練や想いがあって、まだまだだなって。それに昔の映像を見たりすると、あの12人から始まったんだなぁとか感慨深くなっちゃって、今はまだこの場所で戦っていかなければいけないと思います。
もちろんアイドルのマーケットが縮小していることは肌でも感じていますし、近年のアイドルブームが頂点にあった2012~3年ごろとでは温度が違うので危機感は覚えています。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。