ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

崎陽軒のシウマイ 「シュウマイ」と表記をしない理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1928年の発売以来、大人気の崎陽軒のシウマイ。その弁当バージョンで1954年に誕生した「シウマイ弁当」を新幹線の中で食べるのが楽しみという人も多いだろう。

「シュウマイ」じゃなくて「シウマイ」と呼ぶわけは、栃木出身だった初代社長は、独特のなまりでシュウマイのことを「シーマイ」と呼んでいた。それを聞いた、中国人の料理人に「中国語の発音に似ている」とほめられたことから、それを表記して「シウマイ」が正式な商品名になった。

「1928年、初めてシウマイを売り出してから、その製造方法はほとんど変わっていないんです。地元・横浜の人は『食べなれたこの味が嬉しい』と親子三代で買いに来るかたもいて…」と崎陽軒広報・マーケティング部の高井未希さんは「シウマイ弁当」を両手にニッコリ。

「実は、包装紙に紐がかけてあるのは、神奈川エリアで売っているお弁当だけなんです。人の手で結んでいて、きれいに速く結ぶのは経験が必要なので…。私も研修の時にたくさん練習しました」

 お弁当が特に売れるのは、春と秋の運動会シーズン。

「1日で2万個以上売れるときもあります。そんな日は、この『紐かけ』が間に合わなくて、社員総出で結ぶ、なんてこともあります」。そんなふうに崎陽軒の社員が集まるとき、必ず論争になるのが、“シウマイ弁当、どこから食べる?”。

「シウマイかご飯から食べる人が多いのですが、中にはおかずのしょうがと昆布をご飯にまぶしてから食べる人や、最初にあんずを食べてしまうという人も。食べる人の数だけ、楽しみ方があるというのも、長く愛していただける理由かもしれませんね」

 昔ながらのシウマイ(15個入り)などを買うとついてくるのが、60才の還暦を迎えた、しょうゆ入れの「ひょうちゃん」。

 当初は、ただのひょうたん型の容器だったが、漫画家の横山隆一さんが、「目鼻を描いてあげよう」と言ったことから、表情が付くように。

 2015年はひょうちゃん誕生から60周年ということで、赤いちゃんちゃんこを羽織った「還暦記念ひょうちゃん」も登場。また、ごくたまに入っている「金色のひょうちゃん」は、マニア垂涎のレアアイテム。ちなみにシウマイ弁当には入っていない。

※女性セブン2015年6月25日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
シウマイなし弁当大ヒットの崎陽軒 営業の反対凄まじかった
好調の崎陽軒シウマイなし弁当 「絶対売れない」の声あった
最新年賀はがき 復興支援お年玉付やシウマイ引き換え券付も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP