ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お部屋訪問】神聖かまってちゃん・mono編

DATE:
  • ガジェット通信を≫

友だちの部屋に遊びに行くような感覚で、有名人の部屋に上がりこんでみたい……。そんな妄想から始まった当連載。記念すべき第10回目の訪問先は、ロックバンド「神聖かまってちゃん」のキーボード担当・monoさんの部屋だ。

monoさんはどんな部屋に住んでいるのだろうか?mono

1985年12月16日千葉県生まれ。ロックバンド・神聖かまってちゃんのキーボード担当。2010年3月にパーフェクトミュージックから1stミニアルバム「友だちを殺してまで。」をリリースし、第3回CDショップ大賞の準大賞を受賞する。12月には、2ndアルバム「つまんね」でワーナーミュージック・ジャパン/ unBORDEよりメジャーデビューを果たした。2013年3月に入籍。グループ内、唯一の既婚者である。そのほか、「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」(2011年)、「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(2012年)の映画作品にも出演している。亀有在住歴4年

monoさんと、マンガで顔を隠す妻のあゆみさん

monoさんは現在、東京都・亀有の2Kマンションに、妻のあゆみさんと2人で暮らしている。4年前に同棲を開始し、それ以来、亀有住民だ。

「亀有を選んだ理由は、都内でも家賃が安いからです。あと、ほかのメンバーが千葉住まいなので、なるべくすぐ会いに行けるようにと2人で相談して決めました。住んでみたら、結構いい街で……。デカいショッピングモールもあるし、基本的な買い物はここで済んじゃう。嫁とのデートも、亀有で買い物して終わるときもありますね」

壁一面に5つもの本棚が並ぶ

部屋のお気に入りポイントは、一列に並んだ本棚。以前住んでいた物件では、一列に並べられず、バラバラに配置していたらしい。趣味は読書?

「いや、これはほとんど嫁の趣味。基本的に俺の私物はないんですよ」

monoさんが唯一持っているマンガは、「最強伝説 黒沢」と「はじめの一歩」。使わなくなった物はすぐに捨てるタイプで、実家から持ってきた物もパソコンぐらいだという。

ほとんどが妻・あゆみさんの持ち物結婚生活は順調?

自宅ではテレビを見たり、ネットをしたり

結婚生活を始めて、変わったところは?

「実家では、親が寝ているときに音を鳴らすと『うるさい!』と怒られてしまうので、夜12時以降は作業ができなかったんです。嫁と住むようになってから、自分のタイミングで作業ができるようになったというのが一番大きいですね。おかげで、自由な時間が増えました。結婚相手を早いところ見つけられてよかったです。結婚願望があったので、逃げられる前に捕まえてしまおうと(笑)」

まさか同棲してから、自分の自由な時間が増えたとは……! また、一番落ち着く場所は、自宅だと話す。

「ツアー中は、ビジネスホテルに泊まっています。ただ僕は昔からこわがりで、ホテルに泊まると、おばけがいるんじゃないかと思ってしまうんですよ……。見慣れない空間は苦手で、自宅でも引越してきた初日は絶対に怖いんです。最終的に落ち着く場所になるのですが。だからツアーが終わって、自宅に戻ってくると安心しますね」

温厚そうなmonoさん。ケンカはしないイメージだが……?

「いえ、しますよ(笑)。ケンカをすると、嫁が泣いて部屋を出て行くのですが、僕は追いかけなくて。そしたら嫁がメンバーのちばぎんに電話をして、それでちばぎんから僕に電話がかかってきて、『お前はなんで、追いかけないんだ!』と怒られます。そういうのが5回ぐらいあったかな? 結婚してからのほうが、ケンカは増えたような気がしますね」

結局、妻のあゆみさんが戻ってきて、仲直りをするらしい。あゆみさんいわく、monoさんは絶対に謝らない頑固者だそう。

「でも一人の時間や空間が欲しいとは思わないですね。むしろ一人でいるほうが怖い(笑)」

monoさんも家事はするのだろうか?

「嫁に『手伝って』と言われれば手伝う程度です。やるとなると、洗濯くらいですね。夜に洗うのが嫌いで、昼間の日が出ているうちにやるのが自分のモットー。ただ料理はまったくダメなんですよ。料理に関しては嫁に任せっきりです。嫁がいなかったら、カップ麺の生活になっちゃうので本当に助かっています」

なんでもあゆみさんが作る、ペペロンチーノパスタが大好物だそう。「何もないところで生活したほうが音楽に集中できる」

寝室に設けられた作業スペース

「次はこんな部屋に住みたい!」など願望はあるのだろうか?

「作業ブースを設けられる部屋に住んでみたいですね。狭くてもいいので、音が漏れないように防音の設備で囲いたい。引越してきたばかりの時、隣人さんから、壁ドンがあったので(苦笑)」

神聖かまってちゃんのようにメジャーデビューを目指し、上京するバンドマンもいると思う。そんな人たちにアドバイスをするとすれば?

「個人的な考え方ですが、都内は音楽以外でも楽しいことがいっぱいあるじゃないですか? 誘惑も多い。なので、逆に何もない田舎の方が、音楽に集中できるんじゃないかなって。あえて音楽しかやることない環境に留まる。の子が生まれ育った千葉ニュータウンも、昔は何もなかったからそれで音楽に集中できたんだと思います」

初回限定盤

通常版

そんなmonoさんが所属する神聖かまってちゃんの最新作、ベストアルバム『ベストかまってちゃん』が6月24日(水)に発売する。

「今回のベストアルバムは、聴きやすくてキャッチ—なメロディーの多い作品に仕上げました。CHINTAI情報局読者さんで、まだ僕たちの音楽を聞いたことがなかったらぜひ聴いてみてください。視聴機でもいいから(笑)」

ベストアルバムで耳を慣らしたところで、もっと”エグい”感じの曲を聞くといいかもしれない。7月からは、対バンツアー「Athena最前線」が開催される。気になる方は、この機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

(名久井梨香+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP