ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【検証】寝ながら操作しても腕が疲れない! スマートフォンを横になりながら操作できるスタンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寝ながら電子書籍を読む時間が、僕にとって1日の終わりの至福のひととき。しかし、寝転がってスマートフォンを操作していると、どう体勢を変えても腕が疲れてしまう。そんな時に役に立つのが、「ゴロ寝スマホ&タブレットスタンド」である。

「ゴロ寝スマホ&タブレットスタンド」は、寝転がりながらスマートフォンやタブレットを操作することができる画期的、かつぐうたらな人にぴったりなアイテム。折り畳み式で、重さ412グラムと持ち運びにも便利そうだ。

注文後、届いた商品を箱から商品を取り出してみると、アルミ製のパイプの束が。それぞれのパーツがプラスチックで接続できるようになっているので、工具不要で簡単に組み立てることができる。接続部分を開いて、高さを調整すれば準備完了。最大幅は横幅52センチ、奥行き35センチ、高さは22〜35センチまで対応可能だ。

デバイスを固定する部分は24.5センチまで幅が広げることができるため、スマートフォン以外にタブレットにも対応可能。横のレバーでしっかり固定することができるので、デバイスがつぶれたりすることもなさそうだ。

では、実際に使ってみよう。まずは仰向けの状態から。いつもならスマートフォンを上にかざすように持ち上げなければならないため数分で腕が疲れてしまうが、これなら腕にまったく負担がかからない。もちろん手ぶれの心配もないから、動画などもじっくり楽しめそうだ。

続いて、うつぶせの状態で試してみた。こちらも手でスマートフォンを持たなくて済むので、腕だけでなく首も疲れることがない。まさにストレスフリーでインターネットや電子書籍、動画などが楽しめるというわけだ。ほかにも、机の上でスマートフォンを見ながら作業したり、自分の横に置いて楽譜を表示させてギター演奏をしたりと活躍の場はかなり広そう。

このように、寝ながら以外にもさまざまなシチュエーションで活用できる「ゴロ寝スマホ&タブレットスタンド」。まったくぶれずにスマートフォンを操作できる上、腕や首への負担もほぼなし。自力でスマートフォンを支えていたときと比べると、電子書籍を読むにも快適すぎて、ついつい夜更かし、翌日の朝がツラい……なんて予想外の弊害も出ているほどだ。

このアイテムは、同Webサイトから2,980円で購入可能。一見ユニークな商品だが、意外と実用性があり、一つ持っておくと、意外なところで役に立つかもしれない。

関連リンク

サンコー/ゴロ寝スマホ&タブレットスタンド

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。