ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

廃墟化したスタジアムで撮影された「BMXムービー」。じつはライダーにとって思い出の場所だった・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった場所だ。様々なイベントが開催され、かつては毎週末8万人もの人々が訪れ熱狂したものだが、郊外という立地の悪さもありチームの移転が決定。売却されることが決まった。

放置状態にあり、廃墟と化したスタジアムを巨大なBMXのステージにしてしまったのは、デトロイトで育ったTyler Fernengel氏。2012年に16歳でプロになったBMXライダーだ。小さいころからBMXやモトクロスに触れ、このドームで行われた大会に毎年出場していた。そんな思い入れの強い場所で繰り出す様々なトリックやジャンプ、必見だ!

   

彼が最後にシルバードームを訪れたのは9年前だそうだ。彼はRed Bullのインタビューでこんなことを語っている。

「撮影でスタジアムをを見て周っていたら、いろんな記憶が蘇ってきたよ。最初にここに来たのは3歳の時だ。モトクロスをやり始めた時で、父親や他の子どもと一緒にあそこに座ってたなとか、あそこにはレース用のトラックがあったなとか。全部いい思い出だ。フィールドに降りた時の感覚は、異常だったよ。昔の面影なんて全然ない。まるで戦場みたいだった」

もちろん撮影では失敗も何度もあった。体には青あざも沢山つくったそうだ。彼が語っていた数々のトリックを決めるための秘訣は、至ってシンプルだった。

「ちょっと休んでから、アドレナリンでカバーしてもう一度トライする。そのうち”どうしてもやらなきゃ”って思うようになるんだ。そして、もう一度ハンドルを握る」

これぞまさに本物のアスリート精神。文句なしにかっこいいセリフだ。

Reference:Red Bull(YouTube) , Red Bull(Interview)
Licensed material used with permission by Ryan Fudger / Red Bull Content Pool
Joe Gall/Red Bull Content Pool

 

関連記事リンク(外部サイト)

美しい「プラスサイズ」な女性たち。ぽっちゃり系女子が欧米で人気の理由
断崖絶壁にエクストリームハンモックが登場!「スペースネットベースジャンプ」のスリルがヤバい
2つ同時に乗るスケボー!?新しい遊び、「フリーラインスケート」の動きが不思議

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。