体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃墟化したスタジアムで撮影された「BMXムービー」。じつはライダーにとって思い出の場所だった・・・

85singo_P-20150606-00031_HiRes JPEG 24bit RGB

ミシガン州ポンティアックにあるシルバードームは、2002年までNFLのチーム、デトロイト・ライオンズのホームだった場所だ。様々なイベントが開催され、かつては毎週末8万人もの人々が訪れ熱狂したものだが、郊外という立地の悪さもありチームの移転が決定。売却されることが決まった。

放置状態にあり、廃墟と化したスタジアムを巨大なBMXのステージにしてしまったのは、デトロイトで育ったTyler Fernengel氏。2012年に16歳でプロになったBMXライダーだ。小さいころからBMXやモトクロスに触れ、このドームで行われた大会に毎年出場していた。そんな思い入れの強い場所で繰り出す様々なトリックやジャンプ、必見だ!

85singo_P-20150606-00043_HiRes JPEG 24bit RGB 85singo_P-20150606-00046_HiRes JPEG 24bit RGB 85singo_P-20150606-00008_HiRes JPEG 24bit RGB 85singo_P-20150606-00010_HiRes JPEG 24bit RGB 85singo_red bull 5 85singo_P-20150606-00044_HiRes JPEG 24bit RGB
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。