ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ご公務で多忙の佳子さま 睡眠時間を削って大学の勉強に励む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 宮中晩餐会や壇ノ浦の合戦で亡くなった第81代安徳天皇をまつる山口県下関市の赤間神宮訪問など、ご公務でお忙しい日々を過ごしている秋篠宮家の次女・佳子さま(20才)。見事に成年皇族としての責務を果たされた佳子さまだったが、ICU学生からは、こんな不安な声も聞こえてくる。

「佳子さまは学業の方は大丈夫なんでしょうか? 私の英語クラスは佳子さまと同じ上から3番目の“レベル3”クラスなんですけど、今英語の論文など提出課題に追われていますし、期末テストも控えていて、勉強以外のことをする余裕なんてありません。

 正直、アルバイトや部活、サークルなど、他のことには何も手がつけられないほどです。それは私だけでなく、多くの学生がそう言っているんですけど…」(ICU学生)

 ICUは授業が英語で行われるうえに厳しい課題も多く、1、2年生のうちは予習復習を怠れば授業についていけなくなるほど、厳しい環境だ。実際、ある学生のツイッターにはこんなことが。

《このただでさえ課題とか期末とかで死にそうな時期にバンドやコーラスや演劇の公演あるひとたち、いつ寝てるんだろう》

 山口訪問直前の6月3日には初めて宮中晩餐会に出席されるなど、皇族としてのご活動が続く佳子さまを心配する声も相次いだようだ。

「佳子さまは負けん気がお強いタイプですから、ご公務があるときには、睡眠時間を削って勉強に励まれているようです。

 ですので、今のところは問題なく、授業についていかれているみたいですよ。今回の地方ご公務を無事に終えられたことで、佳子さまは自信を深められたそうですから、夏休みなどには、もっとご公務を入れていきたいという思いもあるようです」(秋篠宮家関係者)

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
公務で岡山入り佳子さま ピンクのマーカー持ち勉強熱心なお姿
おひとり公務の佳子さま ゴマフアザラシから壁ドンされる
佳子さま「皇族としての自覚」を条件にダンスサークル解禁

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP