ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なでしこGK山根 中学で年2回上履き買い売店のおばさん仰天

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 身長187センチの新守護神がなでしこジャパンを窮地から救った。サッカー女子W杯の初戦スイス戦で日本代表はPKでの1点を守り切り、白星発進した。勝利の立役者となったのがGKの山根恵里奈(24)だ。

 カナダで大会を取材するサッカージャーナリストの栗原正夫氏が山根の活躍を振り返る。

「W杯も五輪も未経験の山根にとって初の大舞台でしたが、非常に安定感がありました。開始12分に相手のエースにDFの背後を取られたピンチがありましたが、いい飛び出しで防いだのは時間帯を考えると大きかった。相手が攻勢に出た後半にも突破を許したシーンがありましたが、ファウルなしでシュートコースを上手く消した。終了間際の相手シュートがクロスバーの上に外れたのも、山根の高さが相手に威圧感を与えた結果でしょう」

 近年、なでしこの正GKの座は福元美穂(31)、海堀あゆみ(28)の両ベテランが鎬を削ってきたが、それぞれ身長が165センチ、170センチと世界のGKと比べると高さで見劣りした。そのライバル争いに割って入る巨人・山根の台頭は、W杯2連覇を目指すなでしこにとって必要不可欠だった。ちなみに男子代表GKの川島永嗣よりも2センチ高い。

 山根は身長172センチの中学2年生だった2004年に、日本サッカー協会が実施した「第1回スーパー少女プロジェクト」で資質を見出された。中学で身長が163センチ→182センチと約20センチ伸び、「年に2回上履きを買い換えて、売店のおばちゃんに『こんな子は見たことない』といわれた」という逸話を持つ。高校を卒業した2009年から東京電力マリーゼに所属し、なでしこに初選出。翌年にはチリ戦に先発で初出場を果たした。

 順調にキャリアを歩んでいた矢先に東日本大震災が起きた。原発事故の影響で所属チームは活動を自粛することになった。

「『サッカーをやっている場合じゃない』とボランティア活動に励んだ時期がありました。ところがある日、避難所で『あなたのいる場所はここじゃない』と声をかけられ、サッカーをやることが一番の恩返しになると気づいたそうです。震災後のドタバタで、なでしこが優勝した2011年のドイツW杯は1試合も見ていないといっていました」(栗原氏)

 スイス戦後、「ダメだった」といくつかのミスを反省していた山根。好セーブを連発してチームを優勝に導けば、ゴール前に聳える「アジアの山」として世界にその名が知れわたるだろう。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
佐々木則夫監督 協会から澤抜きのなでしこ作れと期待される
強豪・なでしこJAPAN 昼は「農家」「仲居」「レジ打ち」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。