ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『あすなろ三三七拍子』など低視聴率だが面白いフジ系ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビドラマの低視聴率化が止まらない。4月期は、視聴率男といわれる木村拓哉(42才)や堺雅人(41才)主演のドラマがあったが、どのドラマの視聴率も10%台前半ばかり。なかには5%を切っている作品さえある。

 テレビ局関係者が言う。

「低視聴率が続くと、最悪の場合は打ち切りになってしまいます。最近は“全○話”と発表しないことが少なくありませんが、それは打ち切りになった時に『予定通りです』と言えるからなんです(苦笑)」

 だが、視聴率が低いからといって、決してつまらないとはいえない。近年、録画して視聴した人たちの数値を表す「録画再生率」に注目が集まっている。

「視聴率が悪くても、録画再生率が高いドラマがあります。つまり、低視聴率だから“おもしろくない”とは言い切れない。良質なドラマがたくさんあります」(コラムニストでドラマウオッチャーのペリー荻野さん)

 ここ数年、視聴率が1ケタ台だったドラマのなかから、おもしろかった作品をペリーさんに厳選してもらった。

 ひとつは、平均視聴率5.2%となった、柳葉敏郎、剛力彩芽、反町隆史ら出演の『あすなろ三三七拍子』(2014年、フジテレビ系)。

 中年サラリーマンの藤巻大介(柳葉)は、社長の命令により、リストラの代わりに廃部の危機に陥った大学の応援団団長に就任。スーツの代わりに制服は学ランで、返事は“押忍!”。応援団の再建に賭けた青春群像劇。

「50代の中年応援団。熱血青春ドラマとしてすごく感動しました」とペリーさんは高く評価する。

 大学の応援団への“出向”を命じられ、戸惑いながらも決意する藤巻大介を柳葉敏郎(54才)が好演。反町隆史(41才)やほんこん(51才)もメンバーに加わって、熱い友情で結ばれる中年青春ドラマだ。

「みんな大真面目にやっていて、真面目にやればやるほど格好悪さが出るんだけど、その一生懸命さがすごくよかったんです。応援団というものを受け入れられない人が多いのかな。トレンディードラマに欠かせなかった50代の柳葉を見ていると、何か懐かしい感じがするんです。たぶん40~50代の層に訴えかけようとして作ったドラマでしょう。見ればグッとくると思います」(ペリーさん)

 続いては、平均視聴率3.9%、オダギリジョー、ユースケ・サンタマリア、貫地谷しほりらが出演した『家族のうた』(2012年、フジテレビ系)。

 早川正義(オダギリ)はかつて人気ロックバンドのボーカル&ギターだったが、ソロ活動後、仕事が激減。そんなある日、正義の前に彼の子だと名乗る子供たちが現れる。全11話の予定だったが、低視聴率のため、8話で打ち切りになったことで有名なドラマ。

「オダギリジョー(39才)演じる売れないミュージシャン早川正義は、不器用だけど優しいキャラクターでした。“我慢すると心が腐る”と言いながら、子供のために嫌な仕事を引き受ける心優しい人なんです。

 おもしろいドラマだったのに、“低視聴率”でダメ評価のレッテルを貼られてしまいました」(ペリーさん)

 ユースケ・サンタマリア(44才)演じるマネジャーとの関係も見どころだったという。

「早川の本当の魅力を知っていて、支えてやろうというマネジャーとの男の友情も見どころでした」(ペリーさん)

※女性セブン2015年6月25日


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
柳葉主演ドラマ 視聴率低迷も「暑い時に熱いドラマ」評価の声
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
今世紀最低視聴率『夫のカノジョ』 鈴木砂羽の名演技に注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP