ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪桐蔭新火種 法人幹部がスナック152万、タク券1600万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 センバツ高校野球でベスト4に進出した大阪桐蔭では、大会期間中に前校長が主導したとされる裏金問題が発覚して大きなスキャンダルに発展した。同校を運営する学校法人は今月に入って前校長を刑事告訴する方針を発表。しかし、法人内からは「トカゲの尻尾切りだ」との声があがる。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。(文中敬称略)

 * * *
 6月5日、大阪桐蔭中学校高等学校(以下、大阪桐蔭)を運営する学校法人大阪産業大学(以下、法人)は記者会見を開き、大阪桐蔭の前校長・森山信一ら3人を業務上横領や背任容疑で刑事告訴する方針を発表した。

 在校生の保護者から模擬試験受験料や副教材費を過剰に集め、前校長らが5億円もの裏金を帳簿外の口座にプールしていた不正会計問題──。主導していたとされる森山がプールした金の一部を「裏報酬」として受け取っていたほか、裏金が高級ブランド品の購入などに充てられていたことが、3月17日に提出された第三者委員会の報告書によって明らかになった。

 しかし、大阪桐蔭および同校を運営する法人内では問題が沈静化するどころか、さらなる騒動の火種がある。

 現役の法人理事である総務部幹部Aが、「法人事務局総務部秘書課の渉外費及び雑費、福利費」の乱脈使用について教職員組合から追及を受けているのだ。

 2008~2012年度の法人の渉外費等の一覧を記した組合内部資料を入手した。入手した資料は5年分の渉外費の執行額や出納日、摘要、支払先などがエクセルシートに記されたものだ。

〈2万5500円 学園関係者との懇親経費として(A=資料では実名、他三名:うち外部二名) 2008/7/17〉

〈2万7600円 就職採用等に伴う懇親経費として(A他二名、内外部二名) 2010/2/9〉

 といった具合に支出の詳細が書かれ、その横には支出先である東心斎橋(大阪市中央区)にあるスナックや大阪市内にある料亭の名前が記されている。

「『就職採用等に伴う懇親』というのは、求人を出してもらえるように企業と交渉する席だと考えられますが、スナックや料亭で行なう必要があるとは思えない」(組合幹部)

 旅費交通費の項目にはタクシーチケット代が並ぶ。〈2008 9月分タクシーチケット使用料金〉として1万2310円、3万7490円、2万2040円、10万5050円、10万8216円など高額な金額が記され、1か月で30万円近くにのぼっている。

 組合側は支出内容を整理し、使途が正当かを労使交渉の場で質してきた。

「東心斎橋の同じスナックに4年間で59回・約152万円、同じ料亭には3年間で44回・約115万円が支払われていました。スナック、料亭での支出摘要に名前が入っているケースではほぼ必ず、Aの名前があった。タクシーチケットは5年間で約1600万円分、ビール券約200万円分も購入しています」(同前)

 そうした中で森山による裏金問題が発覚。組合が6月1日、Aおよび法人理事長、内部監査室長に対して公開質問状を送りつける事態となった。その文面を抜粋する。

《残念なことに経営者の言動に起因する数々の不祥事が、本学の社会的評価を著しく損なわせています(中略)本学は公教育機関であり、その収入の大半を授業料と補助金に依拠しています。その使用目的は、教育・研究に資するもの以外にあってはなりません》

 公開質問状にどう対応するのか学校法人に問うと、「組合に関します事項についてはお答えできません」と回答。なぜ答えられないのかと問いを重ねても「とにかく答えられない」と繰り返すだけだった。公金で助成されている学校法人として許されることではない。

※週刊ポスト2015年6月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
大阪桐蔭の5億円裏金騒動で渦中の前校長を追い込む資料入手
大阪桐蔭OBの藤浪と森 中田翔や西岡ら先輩との上下関係配慮
大阪桐蔭裏金説明会「愛は桐蔭を救う」発言にサクラだろと非難

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。