ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自分を認める」ために、30代で知るべき10のコト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

20代、30代…、がむしゃらに走り続けて気づけば40歳。人生の時間軸はつながっているけれど、節目の10年を自分らしくスタートさせるには、どんな心がけが必要だろう。

「自分の人生の軸となるものを40歳までに持つ」ことをソーシャルワーカーとして活躍するGrace Bluerock氏が「mindbodygreen」に綴っています。美しく、自分らしく、ぶれずに生きる大人の女性の哲学。これは参考になる!

40歳になってから私が学んだことは、それまでの人生とは、比べものにならないほどたくさんのこと。もう少し早く知っておけばと、思うことも正直言ってあります。どれも人生を変えるくらい大切なことばかり。この年齢に達してない方も、自分の年齢からこれらのことを見つめ直してみてば、きっと素晴らしい未来が待っているはず。

01.
両親を大切にする

永遠に生きられる人などいないことは誰でもわかっています。でも、両親がずっと、側にいてくれはしないことをしっかりと意識することは、案外難しいもの。なるべく機会を増やして、両親に感謝を示しましょう。「さよなら」さえも言えずに、別れをしなければいけないことだってあるんですから。心から、何度でも、どれだけ両親に感謝しているかを、きちんと言葉で伝えておきましょう。

02.
“若くない”にあらがうよりも
年齢を受け入れる

鏡を見つめては「こんなの私じゃない」と、呟いてしまう日がいつか必ずやってきます。それは死を否定しているのと同じこと。私たちはどこかで、老いや死を受け入れられずにいます。それよりも、今の年齢を素直に受け入れること。見た目よりも自分に自信が持てるものを築いておくことです。「美しさ」つまり外見よりも、人間性や個性を尊重し、共に過ごしたいと思ってくれる人たちを見つけておきましょう。

03.
人生の目的を見つけ
育み、追求していく

あなたにとって何が大切で、何がいちばん満足感を得られるかを見極めて、それを追求していきましょう。生きる目標を見つけることは容易いことではありません、努力が必要です。でも、それこそが、後悔と幸福を隔てる大きな壁だということを忘れないで。

04.
貯金と自己管理が
生活の質を維持する

自分のお金の管理は大人としての責任です。若いうちから貯金の習慣をつけておくのも大切。なぜって、その習慣が身についていれば、そのお金を増やすことにも時間が生まれるから。もう少し年をとってからでも…、なんて思っているうちに、生活の質が落ちてきて、結果的により長く働かなければいけなくなります。老後の問題というだけじゃなく、自分の人生をきちんと管理するのが目的なのです。

05.
情熱を持てる仕事をする

多くの人が日々のほとんどを仕事に費やします。情熱を持てないことにかけるには、あまりに長い時間です。もちろんお金は重要。でも、幸せはもっと大切ですよね。熱心に取り組むことは上達への最善の近道だし、そうして手に入れたスキルには、収入もついてきます。
まずはそこから始めましょう。そう決断するだけでも、人は気分が軽くなり、より幸せになり、人生の意味を見い出せるのです。

06.
評価するよりも
認めて受け入れる

自己評価が必要なこともあります。ですが、必要以上に厳しくしては、無用な苦しみや恐怖を引き起こすことにもなりかねません。結果、自分の人生を制御することすらも困難になってきます。これからの人生は、自分で自分のことを受け入れることで、あなたの直感に従って、ものごとを判断することができるようになります。

07.
年に一回は、自分とひとり
向き合う時間をつくる

いつも受け身の姿勢でいては、自分の人生を自分で判断することができなくなってしまいます。そうならないためにも、1年に一度、定期的に自分が望む人生を歩めているのか、振り返りの時間を設ける一人旅をおすすめします。納得のいかない、妥協したくない、そんな部分にフォーカスし、自分を変えるチャンスにしましょう。

08.
愛は永遠でないと理解する

辛いことですが、それが現実。最愛の人との関係も絶えず変化し進展します。結婚が上手くいかないかもしれないし、友達とも疎遠になるかもしれない。そして愛がなくなってしまうことも…。
それでも、生きている限りあなたは成長します。それは、愛する人から旅立つことなのかもしれません。たとえ永遠ではなくても、すべての人との関係には、少なからず意味があるのです。

09.
自分を理解してくれる友人は
少なくてもいい

あなたに関係する、すべての人をよろこばせるために時間を費やすことはあきらめましょう。原因が分からずとも、あなたを気に入らないと感じる人は必ずいるもの。そこを気にする必要はありません。万人に好感を持たれるよりも、数人でも心が許せて、自分のことのようによろこび、悲しんでくれるソウルメイトがいれば、人生はもっと価値のあるものになります。

10.
「これだけはやりたい!」
人生のリストをつくる

日々の忙しさに追われ、やりたいことができなくなるのはよくあること。人生でやってみたいことは何でも書き出しておきましょう。そして、実現させたら必ずチェックを入れる。思い描いた夢を実現している証拠にもなるから。40歳なんて人生のわずか半分、あなたがやるべきことは、まだまだたくさんあるはずです。

Licensed material used with permission by mind body green

関連記事リンク(外部サイト)

オンナの魅力は内側から。大人の女性が絶対やらない「10のコト」
人気女性カウンセラーが語る、40歳になる前に捨てるべき6つのこと
好きな人に「必要とされる人」と「利用される人」は何が違うのか?4つのチェックリスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP