ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

だから話題のサバサンドは絶対にイスタンブールで食べたほうがいい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Yasuko Kimura「母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ」

Photo credit: Yasuko Kimura「母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

TRiPORTライターの八木彩香です。
日本の街中でもたまに見かける有名なトルコ料理「ケバブ」。大きな肉がグルグルと回っている屋台からはとてもいい匂いが漂っています。このケバブに加えて、近頃話題のトルコ料理があります。皆さんは「サバサンド」をご存知でしょうか? 都内ではサバサンドを提供するお店が増え、密かにブームが巻き起こっているそうです。

おそらく、トルコのイスタンブールに行ったことがある人ならば目を輝かせて「またあのおいしいサバサンドが食べられるなんて!」と、歓喜の声を挙げるでしょう。しかし、日本でサバサンドを再び味わってみると「なんか違う…」と思うことも少なくないようです。そしてまた、おいしいサバサンドに想い焦がれる日々が始まります。やはり、本場トルコのイスタンブールで味わうものとはひと味もふた味も違うようです。その理由はガラタ橋で見ることのできる、あの光景が関係しているのかもしれません。

ガラタ橋の二層構造

イスタンブールの金角湾に架かるガラタ橋。車や路面電車も通っていますが、歩いて渡ることもできます。この橋が面白いのは船が通行する中央部以外が二層構造になっていること。下はレストラン、上は道路になっています。このレストランや周辺の屋台ではサバサンドがガンガン売られています。そして、上の道路では電線にとまるカラスのように、等間隔で釣りを楽しんでいる人がずらっと! チラッと釣っている人のバケツを覗いてみると、大量のアジやサバが入っていました。
Photo credit: kiki「トルコひとり旅」

Photo credit: kiki「トルコひとり旅

「こんなに人がいるのに、こんなに釣れるのか…」と思いながらその様子を見ていると、釣ったばかりサバをダイレクトにレストランへ渡し、そのままレストランですぐにサバサンドとして提供されている場面を目撃しました! 数分前まで泳いでいたサバを挟んだ超新鮮サバサンド…。これがおいしくないほうが不思議でしょう。日本で食べるサバサンドとの違いは、圧倒的な新鮮さなのかもしれません。
Photo credit: 田島知華(たじはる)「ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール」

Photo credit: 田島知華(たじはる)「ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール

釣ったばかりのサバを三枚におろし、炭火で焼いてからレタスと玉ねぎと一緒にパンにはさんで完成。レモンと塩をササッとかけて食べてみましょう。ひと口食べればトルコの人たちがガンガン釣りをして、サバサンドがガンガン売れていく理由が理解できるはずです。

(ライター:八木彩香)

関連旅行記

*田島知華(たじはる)「ヨーロッパ、中東、アジア3大陸の美しさを持つトルコ・イスタンブール
*kiki「トルコひとり旅
*Yasuko Kimura「母と2人でトルコ旅ちょっとだけアブダビ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。