ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ギターに貼るだけで、音が打楽器やシンセサイザーに!?すごいシールが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMIDIコントローラーと呼ばれる電子音楽器なのだ!

※再生時の音量にご注意ください。

アコースティックギターのボディに貼るだけで、エレクトロサウンドを奏でることができる「ACPAD」は、世界で初めてワイヤレスで音を出力できるMIDIコントローラー。その薄さはわずか2mmと驚きだ。

 

まずはギターに貼り…。

あとは、プレイするだけ。ボタンを押した時の圧力や指をスライドさせた幅を読み込み、プログラミングされた様々な音を出力することができる。

発明したのは、ベルリンのギタリスト「Robin Sukroso」氏。彼はMIDIコントローラーを搭載したオリジナルのアコースティックギターを使い、「ギター」という概念に囚われない演奏で活動しているミュージシャン。これまでの演奏にも、圧倒される。

もはやギタリストと呼んでいいのかもわからないほどの演奏だが、その技術はなかなかのもの。

実はこの「ACPAD」はまだプロトタイプ。これからクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で製品化への資金を募る予定だ。
しかし、そのあまりにも革新的な機能に世界中のミュージシャンの目は釘付け!今後のアップデートに注目したい新しい“楽器”だろう。

Licensed material used with permission by ACPAD , Robin Sukroso

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ、ミュージシャンの「脳の働き」は優れているのか?
テーブルの上で「小さなシェフ」が料理を振る舞う!食×プロジェクションマッピングが可愛すぎる・・・
大道芸が進化した!暗闇に輝く「LEDジャグリング」が凄い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP