ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離婚後TV出演増の徳光正行 父が建てた家の家賃払えるように

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 元ヤン主婦・クマ子とメルヘン姑のバトルを描いた漫画『もんぺ町ヨメトメうぉ~ず』(小学館)が発売された。しかし、著者の倉田真由美さん(43才)自身は2度結婚しているのに、これまで嫁姑問題に直面したことがないという。

 そこで同書発売記念の対談相手に選んだのは、“嫁姑”ならぬ「嫁舅」問題がクローズアップされた徳光正行(43才)。実は本誌女性セブンと徳光正行にはある因縁が…! 女性セブン2月19日号のスクープで発覚したのが正行とフリーアナウンサー田野辺実鈴(32才)の離婚報道だったのだ。

『親バカ徳光さん あんたが息子をダメにした』という見出しで、父親の徳光和夫(74才)が息子のために都内一等地に豪邸を建てたり、高級ゴルフクラブを買い与えたりしたエピソードが綴られていた。これには徳光も激怒。果たしてその真実は…?

徳光:豪邸がどうのこうのとか、この雑誌(女性セブン)は!

倉田:例の4階建ての豪邸、夢のマイホームですね(笑い)。お父様が購入して、それをいただいたという話は本当なんですか? まだ住んでるんですか?

徳光:住んでますよ! ひとりで! 3SLDKに!! 親父に家賃払って、情けない、本当に。あの家は父とぼくの個人事務所で買ったものですが、家賃はちゃんと払ってますよ。1K分くらいしか使っていないから、「家賃を1K分に減らしてくれ」って言ったら、親父に「バカやろう、じゃあ、出てけ!」って怒られましたよ(笑い)。

倉田:脳天気ですね~!

徳光:そうですよ。ぼくは「脳天気」ってほめ言葉だと思っているんです。だから、二世タレントがよくテレビで、親のコネを使わないとか言ったりするでしょう? 腹が立つんですよ。

 ぼくも反抗した時期はありました。でも、無駄なんです。結局ぼくは徳光和夫という釈迦の掌の上で生きてるんですよ! じゃあ、この34度くらいのぬるま湯で半身浴して、ときどき平泳ぎするくらいでいいかなと思ったわけですよ(笑い)。

倉田:達観してるんですね(笑い)。

徳光:まあ、あんまり言うと調子に乗るから言いたくないんですけど、女性セブンさんがああいう記事を書いてくれたおかげで、テレビ出演が増えてギャラも入ってきたので、家賃とかは払えますけどね。

倉田:タレントには、スキャンダルがプラスになることはよくありますよ。なんにもないと、どんどん影が薄くなっちゃったりして、いつの間にか消えていくこともありますからね。

徳光:そうなんですよ。でもね、あんまりありがたがったりすると、セブンさんが勘違いするといけないので、このへんにしておきます(笑い)。

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
次男離婚の徳光和夫 「親バカ」報道にラジオで猛反論の嘘
徳光正行 元妻と父・和夫の関係は良好だったと嫁舅問題否定
お風呂にはいる時間調査 10分以下は4%、61分以上は7%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP