ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キッチンがアート空間に!?3Dプリンターで作成した“蛇口”が美しすぎる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

医療から食品まで今や、あらゆる分野で活躍を見せている3Dプリンター。

その技術を使って流線型の蛇口をデザインしたのが、「American Standard」社。

金属で造形されたこの蛇口は、岩肌を流れる川の流れをイメージしてデザインされており、これが画期的な技術だと話題になっているのだ。

確かにこの蛇口から流れてくる水は重層的になっており、その感触を自身の手で確かめてみたくなる。

実はこの3Dプリンターの技術は一世代前のもの。選択的レーザー焼結と呼ばれるもので、金属やガラスなどの粉末を熱で溶かして形を作っていく技術。

この古い技術に新たな用途を見いだしたのが「American Standard」社なのだ。

これまでにも3Dプリンターで蛇口が作られていないわけではないのだが、金属という素材を使っているのは初なのだとか。

製品化するにはあと1年くらい必要とのことだが、ショールームなどではすでにお披露目を済ませている。

価格帯は1万2000ドル(約148万円)から2万ドル(約247万円)になる予定とのこと。

高価格ではあるが、流動体である「水」をデザインするというのは確かに画期的。

自分の家にこの蛇口があったら、ずっと流れてくる水を眺めてしまいそう!?

American Standard
http://www.americanstandard-us.com/

3Dプリンター(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP