体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「地元目線」小森愛による鹿児島編 vol.6 薩摩半島へshort trip

「薩摩半島」

と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょう。

 

鹿児島県は、種子島、屋久島地方などの離島 「薩南諸島」と、県本土「薩摩半島」と
南端に面する「大隅半島」に大きく分かれています。

 

「薩摩半島」は東シナ海側で、漁業が盛ん。
今回は、夏を目前に一足早く、海を満喫してきました。

 

今回の宿は 笠沙恵比寿

15年ほど前に第三セクターにより、地元 笠沙町(かささちょう)の海のプロジェクトとしてスタート。

漁業の町に、突然現れるスタイリッシュな建物。

 
九州ではおなじみ 工業デザイナー水戸岡 鋭治氏によるもの。
2013年にスタートした豪華寝台列車「ななつ星in九州」、JR九州内の駅や電車、
なんと、さいたまスーパーアリーナも水戸岡氏デザインでした。初耳!

 

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

サインがおもしろい。
「博1」などは「博物館」の1号館、2号館のサイン。

 
海に関する映像や、笠沙出身のヨットマンの資料、薩摩型和船などの展示博物館も併設されています。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy