ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野際陽子 33年間続ける500円玉貯金で300万円のピアノ購入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「500円硬貨が、初めて発行された1982年4月から、これまでに使ったのはせいぜい20枚くらいだと思うんです。今日まで33年間、貯金し続けています」

 500円硬貨は重い。だから外で買い物した時のお釣りなどでもらうと、すぐに使ってしまいたくなるけれど、そこを我慢して家の貯金箱に入れてきたと、女優の野際陽子(79才)は語る。

「貯金箱といっても、お菓子の箱等の再利用。500円玉を手にしたら、とにかくその中に入れるんです」

 最初はとくに目標や目的があったわけでもなく、なんとなく始めたそうだが、いつの間にか習慣になったと笑う。

「箱がいっぱいになると、どのくらい貯まったのかはわからなくとも、とにかく重い。その重い箱をよっこらしょと抱えて銀行に持っていくんです(笑い)」

 銀行では500円玉だけの預金通帳を作り、他の預金とは厳然と区別して、入金専用にしてきた。

「おろしたのは1度だけ。何年前だったかしら。300万円まで貯まったところで、自分のために念願のグランドピアノを買ったんです、少し付け足してね(笑い)」

 その時のことを思い出すと、思わず笑みがこぼれる。やった!という達成感と充足感で、幸せに包まれた。500円玉を塵というには、ちょっと抵抗があるけれど、まさに“塵も積もれば山となる”だ。

「それ以来、また貯金箱に入れる、重くなったら銀行に持っていく、を繰り返しているんです」

 そして最近、こんなニュースを目にした。

「初期の認知症の人に共通する行動として、買い物をする時に、小銭が財布にあっても、大きなお金で支払うという傾向があるんですって」

 年をとり、計算が苦手になってくると、例えば108円とか216円のものを買うのでも千円札、一万円札をパッと1枚出す。確かに楽ではあるけれど…。

「それを見た時、毎日の買い物でお釣りの計算をしながら、お金を出し入れすることが大切だと気がつき、ますます積極的に500円玉を貯めるようになりました」

 スーパーで買い物をしたり、タクシーの支払いをする時など、合計金額で500円玉のお釣りがもらえるように考える。支払いが1750円だったら、2250円を出す。そして500円玉のお釣りをもらう。

「レジ前でこうした計算を瞬時にすることで頭は素早く回転。認知症の予防にもなるし、お金も貯まるし、一石二鳥じゃございませんこと(笑い)」

※女性セブン2015年6月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
500円玉貯金男 100円玉5枚の釣りもらい嫁に店員との交渉要求
意外とお金が貯まる500円玉貯金を成功させる5か条 FPが伝授
買い物難民の現状や買物支援、各地の取り組み等を紹介した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP