ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

特集 映画『25 NIJYU-GO』 ガジェット通信イチのヘタレ男子がオラオラ系の渋カッコイイ男になれるのか!?

東映Vシネマ25周年記念映画『25 NIJYU-GO』。
主演はもちろん100本以上の主演作を誇る「Vシネの帝王」哀川翔アニキ!
黒社会の全面抗争を描いたバイオレンスアクションは、世の男達の闘志を取り戻す凄まじさだ。

ガジェット通信では、『25 NIJYU-GO』から男らしさを学び、
編集部イチの“ヘタレ”男子が渋くてカッコイイ“オラオラ”男子になれるのかを徹底検証!

西池袋警察署生活安全課の悪徳刑事コンビ・桜井と日影は、半グレ集団から金を巻き上げたり、摘発中に押収した金を着服したりとやりたい放題の日々。だが、押収した金の行方が問題となり、翌朝までに不明金250万円の提出を署長直々に命じられる。金に困った二人が目にしたのは、年金基金60億円の巨額横領事件の記事であった……。

その容疑者・九十九信夫は金の大半を使い込み、入れあげた高級クラブのママ橘恭子に助けを求めていた。残金は25億円。恭子は九十九をヤクザに売り、金の一部を手に入れようと画策する――。

映画『25 NIJYU-GO』11月1日 全国ロードショー